樹木医学会への入会等のお問合せ先

学会誌

「樹木医学研究」最新巻号目次

樹木医学研究に掲載された記事は、刊行後1年以上経ったものはJ-STAGEにおいて無料一般公開されます(2017年4月より、CiNiiで行っていた学術論文の公開サービスはJ-stageのサービスに統合されました)。刊行後1年以上経過した記事は、J-stageに移行作業中です。順次公開していきますので、しばらくお待ちください。

1巻1号~23巻3号:J-STAGEで全文を閲覧できます

総巻号目次

最新巻号の目次は以下になります。


葉第25巻

1号(2021年1月)      
論文 橋谷拓武・太田祐子・井道裕史・山下香菜・服部 力・山田利博・柳澤賢一・戸田堅一郎・西岡泰久 カラマツカタワタケにより腐朽したカラマツ心材の生材状態における強度特性 1
「樹木医学会奨励賞」受賞講演要旨 沖田総一郎 塩性湿地に生育する湿塩生樹木の耐冠水性と耐塩性に関する生理学的研究 10
「樹木医学会臨症事例賞」受賞講演要旨 前田雄一 /鳥取市の広葉樹緑化木に発生していた日焼け被害 12
特別講演会 加賀谷悦子 樹木医学会第 25 回大会特別講演会「穿孔性昆虫による樹木被害─木が弱って虫が入るのか?入ったから弱ったのか─」を開催して 15
特別講演会 岩田隆太郎 木が枯れたから虫が喰うのか,喰ったから枯れたのか 17
特別講演会 高木悦郎 樹皮下キクイムシの加害様式─トドマツノキクイムシの話題を中心に─ 22
特別講演会 大村和香子 生立木におけるシロアリ被害の現状と対策 26
速報 石黒秀明・二井一禎 マツグミの寄生によるマツ材線虫病の発病抑制 29
速報 山口大輔 冬季から春季にかけての常緑広葉樹6種の葉特性の季節変化 31
シリーズ:木や森に関わる鳥獣害を考える 田村典子 森に依存するリス類が森に害を与えるとき 33
記録 福田健二 樹木医学会第 25 回大会開催報告 40
会員の広場 岩下幸平 愛知県におけるクビアカツヤカミキリの被害と対策 43
書評   45
学会記事     47

▲ top

地平線に並ぶ樹木