ホーム
樹木医学会の紹介
大会
現地検討会
ワークショップ
(樹木医CPD認定プログラム)

表彰事業
入会等案内
関連学協会リンク

樹木医学研究
 

樹木医学会第5回大会

2000年11月11日(土) 東京農業大学部

特別講演「グリーンコリドー 生物の多様性と生命の連続性」

「緑の回廊」とはなにか?」
三浦 慎悟(森林総合研究所東北支所保護部長)
「ツキノワグマを対象とした検討」
羽澄 俊裕((株)野生動物保護管理事務所)

一般講演(口頭発表)

クロマツ苗木に対する外生菌根菌の接種効果
伊藤 武・岩瀬剛二((株)関西総合環境センター生物環境研究所)
プリポリマーによる腐朽菌の活動抑制効果
松浦克彦(兵庫県立北部農業技術センター)・宮田和男(日本土地山林(株))・安田邦男((株)グリーンメンテナンス)・林 進(岐阜大学農学部)
材質腐朽菌類および紋羽病菌の薬剤感受性試験
高橋幸吉・田代定良(日本植物防疫協会研究所)
暗色枝枯病の発生数の推移に見られる2つのパターン
讃井孝義(宮崎県林業総合センター)
ファイトプラズマによるホルトノキ衰弱枯死被害−ホルトノキ萎黄病ともうひとつの新病害−
河辺祐嗣・菊地泰生(森林総合研究所)・大野啓一郎(神奈川県自然保護センター)・加藤貞一(加藤林業)・楠木 学(森林総合研究所九州支所)
植物の電気生理研究II−遠州森町の次郎柿原木の樹勢回復とその検証−
正木伸之(正木樹芸研究所)
トチノキヒメヨコバイの生態とトチノキの葉の早期変色・落葉
山根明臣・古川夏子・木内俊介・岩田隆太郎(日本大学生物資源科学部)
茨城県に発生したスダジイタマバチ(仮称)によるスダジイエダフクレフシ(新称)の被害
橋本憲二((株)橋本園芸)・木村治美((株)坂本園芸)・高橋幸吉・高木一夫(日本植物防疫協会研究所)
樹幹表面温度測定による樹木健全度評価の試み−ナラ集団枯損被害林分における測定事例−
矢田 豊・江崎功二朗(石川県林業試験場)・鎌田直人(金沢大学理学部)
非破壊手法である横打撃共振法を用いた街路樹の内部診断−島根大学構内における測定−
釜口明子・中尾哲也・中井毅尚(島根大学総合理工学部)

ポスター発表

日本のナラタケについて
太田祐子(森林総合研究所)
植物成長調節物質KT−30を用いた広葉樹枝打ち傷の癒合促進
山本福壽・松崎早苗・本間 環(鳥取大学農学部)
青森県東北町のアカマツ、スギ造林地に発生したならたけ病被害
松下範久・鈴木和夫(東大院農)
エチレン合成阻害剤によるヒノキ師部の防御反応の抑制
楠本 大・鈴木和夫(東大院農)
ナラ菌感染に対するコナラ木部の反応−組織化学的観察−
山田利博(東大院農)・市原 優(森林総研東北)
ナラ・カシ類集団枯死の萎凋機構−ナラ菌接種木と切断木との光合成収率の比較−
大和万里子(東大農学部)・山田利博・鈴木和夫(東大院農)
東京都域におけるソメイヨシノのフェノロジー−夏季落葉と都市の気象について−
根岸 隆(東京農業大学造園科学科)・濱野周泰(東京農業大学)
カルテから見た巨樹・老木の衰退現象とその原因
塩原貴浩(東京農業大学大学院農学研究科)・濱野周泰(東京農業大学)・濱谷稔夫(元東京農業大学)
奥多摩演習林におけるホウノキの開芽について
菅原 泉・渡辺晴子(東京農業大学地域環境科学部)
多犯性植物病菌
炭疽病菌の数種落葉広葉樹の葉上におけるミクロフロラ
矢口行雄・権現領留美・西島奈緒・小林享夫(東京農業大学)
盛岡市内のケヤキ街路樹のフェノロジー
市原裕子(東大院農)・市原 優(森林総研東北)
お問い合せ
Copyright(C) 樹木医学会 All Rights Reserved.