樹木医学会への入会等のお問合せ先

お知らせ

日本農学会シンポジウム

「山の農学 ―「山の日」から考える」

日時:平成28年 10月 8日(土)10:00~
場所:東京大学農学部弥生講堂・一条ホール
主な対象:一般、学生、院生、若手研究者(先着300名)
講演要旨:500円/1部(別売)

http://www.ajass.jp/symposium.html

目的・内容:
2016年に新たな国民の祝日として「山の日」が施行される。山は日本の国土の約7割を占めており、昔から人々の生活と直接的にも間接的にも関わりが深く、農業との関わりも極めて多面的である。そこで本シンポジウムでは、各農学分野における「山」をテーマとした研究とその展望を紹介し、山と農学との関係を新たに捉え直しアピールする契機としたい。 研究フィールドは国内外を問わず、様々な角度から、山を取り巻く農学研究を紹介するものとする。

プログラム

  • 「大学山岳部が農学研究に果たした役割」 【静岡大学 杉山 茂】
  • 「古地図から読み解く百年で移り変わる山の風景」 【森林総合研究所 岡本 透】
  • 「山を登る雑草-白山国立公園の高山・亜高山帯に侵入した低地性植物の影響と対策-」  【大阪府立大学 中山 祐一郎】
  • 「国立公園等の保護地域における登山、観光と自然保護」 【岩手大学 山本 清龍】
  • 「獣害対策から考える山との向き合い方」  【岡山大学大学院 九鬼 康彰】
  • 「地方創生、里山活用における山羊の放飼事例」 【元玉川大学 安部 直重 】
  • 「山の昆虫から農業への贈り物-里山の景観管理と生態系サービス―」 【森林総合研究所 岡部 貴美子】
  • 「日本の自然環境・生物多様性と調和した持続可能な林業の原則」  【森林総合研究所 正木 隆】

地平線に並ぶ樹木