ホーム
樹木医学会の紹介
大会
現地検討会
ワークショップ
(樹木医CPD認定プログラム)

表彰事業
入会等案内
関連学協会リンク

樹木医学研究
第22巻 4号 (2018年10月)
3号 (2018年7月)
  2号 (2018年4月)
  1号 (2018年1月)
第21巻 4号 (2017年10月)
3号 (2017年7月)
  2号 (2017年4月)
1号 (2017年1月)
第20巻 4号 (2016年10月)
3号 (2016年7月)
2号 (2016年4月)
  1号 (2016年1月)
第19巻 4号 (2015年10月)
3号 (2015年7月)
2号 (2015年4月) 
1号 (2015年1月)
第18巻 4号 (2014年10月)
3号 (2014年7月)
  2号 (2014年4月) 
1号 (2014年1月)
第17巻 4号 (2013年10月)
3号 (2013年7月)
2号 (2013年4月)
  1号 (2013年1月)
第16巻 4号 (2012年10月)
3号 (2012年7月)
2号 (2012年4月)
1号 (2012年1月)
第15巻 4号 (2011年10月)
  3号  (2011年7月)
  2号 (2011年4月)
1号 (2011年1月)
第14巻 4号 (2010年10月) 
3号 (2010年7月)
  2号 (2010年4月)
  1号 (2010年1月)
第13巻 4号 (2009年10月)
3号 (2009年7月)
  2号 (2009年4月)
  1号 (2009年1月)
第12巻 4号 (2008年10月)
3号 (2008年7月)
2号 (2008年4月)
1号 (2008年1月)
第11巻 4号 (2007年10月)
3号 (2007年7月)
2号 (2007年4月)
1号 (2007年1月)
第10巻 2号 (2006年9月)
1号 (2006年3月)
第9巻 2号 (2005年9月)
1号 (2005年3月)
第8巻 2号 (2004年9月)
1号 (2004年3月)
第7巻 2号 (2003年9月)
1号 (2003年3月)
第6巻 2号 (2002年9月)
1号 (2002年3月)
第5巻 2号 (2001年9月)
1号 (2001年3月)
第4巻 2号 (2000年9月)
1号 (2000年3月)
第3巻 2号 (1999年9月)
1号 (1999年3月)
第2巻 2号 (1998年9月)
1号 (1998年3月)
第1巻 (1997年9月)
 

樹木医学研究に掲載された記事は,刊行後1年以上経ったものはJ-stageにおいて,無料一般公開されます.
(2017年4月より、CiNiiで行っていた学術論文の公開サービスはJ-stageのサービスに統合されることになりました。過去の樹木医学研究の記事は、現在、J-stageに移行作業中です。移行が済み次第、順次公開していきますので、しばらくお待ちください。)

・J-stageで樹木医学研究を閲覧する→

第22巻4号(2018年10月)
論文
仲野翔太・菊地淳一・山中高史・曽根晃一・畑 邦彦
遷移段階の異なる森林土壌で生育させたクロマツ実生およびマテバシイ実生の成長と菌根形成  187
臨症事例
三瓶保之
郡山市開成山公園内の高齢‘染井吉野’に対する樹齢の検証  195
シリーズ:外来生物─樹木や生態系への脅威─
神崎菜摘
森林における外来線虫種  199
お知らせ
樹木医学会第23 回大会プログラム  206
「第10 回樹木医学会ワークショップ」のお知らせ“マツノザイセンチュウを形態とDNA で同定してみよう”  212
学会記事

top▲
第22巻3号(2018年7月)
短報
堀川英則・伊藤涼太郎・永井裕史・小出哲哉・坂 紀邦・石川博司・鈴木杏子・大野 徹・加藤晋朗・三宅律幸
愛知県のウメ輪紋病発生地域における有翅アブラムシ類のウイルス保毒状況  147
速報
笠松慈久・山下得男・永石憲道・松本幸生・神庭正則
国内におけるTree Risk Assessmentの動向(1)  152
山田利博・山下香菜・太田祐子
3樹種の人工空洞円板を用いた横打撃共振法の特性検討  154
佐藤重穂
トドマツオオアブラムシによるトドマツ若齢木の被害量の推移  156
杉本博之・宗野俊平・中村克典・浦野忠久
マツノマダラカミキリ逸出抑制法における供試材毎の脱出成功率の関係  158
田中 克・相川拓也・竹内祐子・福田健二・神崎菜摘
マツ枯れの発病から蔓延への移行時の病原体線虫の戦略転換  160
シリーズ:街路樹─維持と管理─
神庭正則
「シリーズ:街路樹─維持と管理─」を始めるにあたって  162
飯塚康雄
街路樹の現況と維持管理における問題点  163
シリーズ:外来生物─樹木や生態系への脅威─
岡部貴美子
昆虫等に随伴して導入される外来性のダニ  168
書評  173
会員の広場
小池孝良
街路樹シラカンバの虫喰いは,なぜ都心で目立つのか?  174
お知らせ
「第9回樹木医学会ワークショップ」のお知らせ  177
樹木医学会第23回大会のお知らせ・第2回  178
樹木医学会第23回大会現地検討会のご案内  182
学会記事
top▲
第22巻2号(2018年4月)
速報
吉武 孝・鈴木 覚
塩水噴霧による111種の樹木葉の被害形態  91
飯塚康雄・舟久保 敏
事例にみる街路樹の点検・診断の現状  93
平野達也・遠藤ゆう・半沢孝太・永野紘子・矢口行雄
ヤマボウシにおけるキクイムシの加害症例および材内生態の観察  95
石田 朗・釜田淳志・栗田 悟・江口則和・中西敬宏・佐藤亮介
ニホンジカの生息および被害の情報収集システムの開発と運用  97
松原 功・大木一男・石橋 亨・有田和實
千葉県北東部のイヌマキ・ナギのケブカトラカミキリ被害の拡大  99
堀江博道・廣岡裕吏・小林享夫
東京都神代植物公園における緑化樹木病害の発生推移(1973~2017)  101
岩下幸平・中島寛文・石田 朗・栗田 悟
愛知県におけるベイトトラップを用いたクビアカツヤカミキリの捕殺事例  103
遠藤 藍・岩渕 望・前島健作・亀山統一・佐藤征弥・難波成任・大島研郎
ホルトノキ萎黄病を引き起こすファイトプラズマの同定  105
中島寛文・栗田 悟・松田陽介・肘井直樹
スミパインの空中散布がCenococcum geophilumを繁栄させる?  107
衣浦晴生・城塚可奈子・山本優一・所 雅彦・加賀谷悦子
クビアカツヤカミキリの成虫ルアートラップによる誘引試験  109
古谷孝行・田中(小田)あゆみ
桜川公園におけるドローンを用いた樹木位置および樹高樹勢情報の取得  111
前田雄一・矢部 浩・小山 敢・中村徳和・河合隆行・土屋竜太
都市部の人を森林へ誘うための試み  113
勝木俊雄・長谷川絵里・岩本宏二郎
東日本における高齢の‘染井吉野’のサイズと健全度  115
米田亜沙美・岩永史子・芳賀弘和・沖田総一郎・山中典和・山本福壽
イタヤカエデとウリハダカエデの樹液溢出の比較および環境変化の観察  117
二階堂由紀・樋口裕仁・秋元信二・石澤伸彰・細野哲央
ケヤキ(Zelkova serrata)およびアカマツ(Pinus densiflora)材における樹木の腐朽診断機器による人工空洞の比較  119
阿部 豊・田畑勝洋
マツノマダラカミキリの蛹に便乗するマツノザイセンチュウ  121
飯塚 巧・山岡好夫
千葉県船橋市古作町3 丁目に植栽されている桜並木の樹木診断  123
シリーズ:外来生物─樹木や生態系への脅威─
坂本洋典
ヒアリ─日常生活を侵食する赤色の脅威─  125
書評  133
会員の広場
蒔田明史
炭やきがマツ林を活かす!~炭やきで夕日の松原まもり隊の活動~  134
お知らせ
樹木医学会第23回大会のお知らせ・第1回  136
2018年度樹木医学会各賞の候補者推薦のお願い  138
学会記事
top▲
第22巻1号(2018年1月)
受賞講演要旨
太田祐子
日本のスギ品種サンブスギに幹腐朽を引き起こすチャアナタケモドキの分類と系統  1
堀江博道
観賞緑化樹木の病害研究および植物医科学の新たな実践  4
シンポジウム
細川卓巳
東京都における街路樹の取り組みとこれから  7
根来千秋・土居裕子
東京都における街路樹の健康管理  16
大島研郎
樹木ファイトプラズマ病の病徴,診断法,および発生実態について  19
星 秀男
ウメ輪紋病の国内初発生と産地再興に向けた取り組み  23
小林 明
クビアカツヤカミキリおよびキクイムシ類によるサクラ類の被害実態  31
論文
金谷整一・上田明良・上田夏也・井上和久・塚原由裕・村上大成・田嶋隆文・瀬上眞由美・山本健一・松永道雄
ヤエクチナシに対するオオスカシバ(鱗翅目:スズメガ科)の産卵選好性および摂食選好性  36
速報
高野光利・松原 功・大木一男・石橋 亨・吉岡賢人
国天然記念物台風被害クスノキ(タブノキ)幹割れ1/3剥離回復治療  45
田中大地・安井 恵・藤森晋之介・宮下佳奈・亀田大司・鍵和田聡
サクラ類におけるRT-PCR によるウイルス感染状況の調査  47
横山奉三郎
シロカイガラムシ類によるサクラの加害と対策(事例研究)  49
宮本侑季・原田大樹・伊藤彰伸・上村兼輔・田守 秋・松原聖斗・蝶名林春香・平栗章弘・延原 愛・川合 昭・勝木俊雄・西尾 健
サクラ類はウメ輪紋ウイルスの伝染源になるか?  51
樹木医学の基礎講座
多田賢二
海岸林講座第6回:海岸防災林復旧・再生の経過と今後の管理─東日本大震災の津波被害から6年を経て─  53
シリーズ:環境ストレスと樹林地管理
山口高志
摩周湖外輪山の樹木減少について  59
シリーズ:外来生物─樹木や生態系への脅威─
加賀谷悦子
「シリーズ:外来生物─樹木や生態系への脅威─」が始まります  67
加賀谷悦子
サクラ・ウメ・モモ等バラ科樹木を加害するクビアカツヤカミキリAromia bungiiの侵入とその防除法  68
記録
堀江博道
樹木医学会第22回大会報告  73
山岡裕一
樹木医学会・筑波大学共催 第8回樹木医学会ワークショップ“樹木の菌類病同定のポイント”報告  76
会員の広場
亀山統一
沖縄県の県花デイゴの病虫害とその防除法研究の動向  78
学会記事
top▲

第21巻4号(2017年10月)
論文
沖田総一郎・谷口真吾・谷口武士・岩永史子・山本福壽・山中典和
酸欠と塩ストレスがマングローブ2 種の苗木の成長と生理に及ぼす影響  193
臨症事例
前田雄一・河合隆行・土屋竜太・小山 敢・矢部 浩
鳥取市の広葉樹緑化木に発生していた日焼け被害  201
速報
中村和寛・岩崎哲也
植栽後17 年を経て枯死したコブシの衰退について  209
木原健雄・高階空也・村上 翼・平岡大輝・中馬いづみ・黒田慶子
デイゴ枯死被害におけるFusarium solani species complexの病原性の検討  211
杉本博之・大池航史・岩泉正和・磯田圭哉
マツ材線虫病被害進行地における抵抗性クロマツ品種植栽林の遺伝的構成  213
平野達也・栗田一樹・矢口行雄
横浜市内のアンズに生じた新梢枯死症  215
シリーズ:環境ストレスと樹林地管理
小泉章夫
街路樹の力学  217
シリーズ:植物園・公園の樹木管理
中田政司
富山県中央植物園における樹木管理  222
会員の広場
藤本浩平
シキミ・サカキの生産と防除  227
お知らせ
第8回樹木医学会ワークショップのお知らせ  232
樹木医学会第22回大会プログラム  233
樹木医学会第22回大会現地検討会のご案内  242
学会記事
top▲

第21巻3号(2017年7月)
臨症事例
島田英泰
樹木上部の主枝の先端を保持する剪定手法を用いた,住宅街における樹木管理の検討  127
速報
阿部 豊・吉岡賢人・石橋 亨・松原 功・本山直樹・田畑勝洋
マツ伐根におけるマツノザイセンチュウの検出  132
森永健太・松村愛美・福田健二
異なる3地点におけるカシ類葉内生Tubakia属菌群集の比較  134
山中智博・秋庭満輝・高橋由紀子・窪野高徳・廣岡裕吏
Sydowia japonicaのヒノキ雄花への感染と花粉の成熟度について  136
山田利博・平尾聡秀
シラカシのボタン材と腐朽材中の菌類群集組成  138
野田晴美・安部鉄雄・池田朋弘・小野寺佳郎・高橋伴幸・魚井聖一・宮﨑智嗣・石丸真弓・藤田真由美・河野幸彦・川西玉夫・末澤正義・森岡芳春・西山 聡・岡 一洋・岡 宏明・増田拓朗・山岡好夫
「宝生院のシンパク」の健康診断  140
田中(小田)あゆみ・金子晴彦・古谷孝行・宮本哲也・飯塚康雄・阿部 豊
茨城県天然記念物「地蔵ケヤキ」における樹勢回復事業の経過と生育状況  142
峯宇 巧・太田祐子・山下香菜・井道裕史・山田利博
スギ人工腐朽材における腐朽の度合いと音の伝わり方  144
樹木医学の基礎講座
金子智紀
海岸林講座第5回:広葉樹導入による海岸林の混交林化  146
川九邦雄
技術講座第3回:樹木治療における土壌の診断と土壌改良  153
書評  161
会員の広場
後藤瑞穂
「じゅもくい女子会」の発足について  162
記録
黒田慶子
樹木医学会第21 回大会特別講演会の会場意見とアンケート結果  165
瀧 邦夫
樹木医動向アンケート(平成28 年実施)の結果からみた樹木医の今後  167
山岡裕一
樹木医学会・神戸大学大学院農学研究科森林資源学研究室共催
第7回樹木医学会ワークショップ
“樹木組織を顕微鏡で観察しよう─発病メカニズムを理解するために”報告  176
お知らせ
樹木医学会第22 回大会のお知らせ・第2回  178
樹木医学会第22 回大会現地検討会のご案内  182
学会記事
top▲

第21巻2号(2017年4月)
論文
金谷整一・秋庭満輝・中村克典・池亀寛治・手塚賢至
ヤクタネゴヨウ枯死木に対するマツノザイセンチュウ検出キットを用いた遡及的解析  65
速報
米田亜沙美・岩永史子・Chiu Chen-Wei・沖田総一郎・山中典和・山本福壽
イタヤカエデの樹液溢出量と樹液流速の関係および環境変動の観察  71
勝木俊雄・岩本宏二郎
新宿御苑における高齢の‘染井吉野’の現況  73
矢野顕子・矢口行雄・本橋慶一
ハナノキ褐色円斑病菌の幼苗への感染について  75
衣浦晴生・小南裕志・山本遼平
カシノナガキクイムシによるコナラ被害木の樹液流特性Ⅱ  77
佐藤重穂
北海道におけるキバチ類による針葉樹の材変色被害  79
東 若菜・鶴田健二・吉村謙一・勝山正則・小杉緑子
ヒノキの樹液流動の日変化パタンにおける垂直変異と幹貯留水  81
シリーズ:環境ストレスと樹林地管理
池田武文・芝原 淳・糟谷信彦・深町加津枝・伊藤 武
天橋立を次世代に引き継ぐための環境整備  83
解説
勝木俊雄
サクラの分類と形態による同定  93
技術報告
古本 良
空気根切りポットによる根の変形の抑制効果について  105
会員の広場
太田誠一
予想外の原因が大規模アカシア植林地を壊滅  107
お知らせ
樹木医学会第22 回大会のお知らせ・第1回  109
2017年度樹木医学会各賞の候補者推薦のお願い  111
学会記事
top▲

第21巻1号(2017年1月)
論文
髙橋由紀子・升屋勇人・窪野高徳
自然環境下におけるスギ黒点病菌Sydowia japonicaの感染状況  1
楠 幹生・鐘江保忠・藤田 究・井口里香・北濱郁雄・村口 浩・佐野有季子・藤村敬子・香西俊哉
香川県の盆栽産地におけるクロマツ葉さび病およびこぶ病の発病リスクに関する調査について  8
短報
伊藤幹二・伊藤操子
生物検定を用いて明らかにした樹幹周辺土壌の樹種特性  13
速報
前田雄一・河合隆行・土屋竜太・中村徳和・矢部 浩・小山 敢
強度の枝打ち後に発生したヒノキ林の立ち枯れ被害  20
新良貴歩美・東 若菜・石井弘明
コノテガシワ園芸品種における葉枯れは水ストレスが関与している?  22
受賞講演要旨
田中(小田)あゆみ/「樹木医学会奨励賞」受賞講演要旨
マレーシア低地熱帯雨林のフタバガキ林における多様な樹種の葉と土壌の窒素同位体比の変異  24
シンポジウム
笹部雄作
科学的診断・処置における課題と改善  26
国正あゆ
若手樹木医の悩み:研修後の課題について  32
山本福壽
水ストレスが関わる樹木病害と生理異常  34
樹木医学の基礎講座
中村克典
海岸林講座 第4回:海岸林におけるマツ材線虫病対策  37
シリーズ:環境ストレスと樹林地管理
田中(小田)あゆみ・福田健二
都市の環境と街路樹のストレス応答  44
書評  48
記録
黒田慶子
樹木医学会第21回大会報告  49
山岡裕一
樹木医学会・法政大学植物医科学センター共催 日本樹木医会後援 第6回樹木医学会ワークショップ“緑化樹木に発生する「さび病菌」を顕微鏡で見てみよう”報告  51
会員の広場
山本福壽
智頭の山人塾  53
学会記事
top▲

第20巻4号(2016年10月)
論文
本橋慶一・吉野聡一郎・樋口裕仁・二階堂由紀・浮田茂郎・神田 多
Neofusicoccum parvumによるモミジバスズカケノキ胴枯病  187
樹木医学の基礎講座
坂本知己
海岸林講座第3回:海岸林の津波被害と津波被害軽減機能  197
シリーズ:植物園・公園の樹木管理
勝木俊雄
新宿御苑の樹木管理  204
シリーズ:環境ストレスと樹林地管理
山口真弘・伊豆田猛
樹木に対する微小粒子状物質(PM2.5)の影響  211
記録
「インタビュー 樹木医学の最前線から(4)」  215
会員の広場
上田正文
ネットを敷いて下刈りを省く  219
書評  221
お知らせ
第7回樹木医学会ワークショップのお知らせ  222
樹木医学会第21回大会プログラム  223
樹木医学会第21回大会現地検討会のご案内  228
特別セミナー すぐに役立つ,速報・臨症事例・論文の書き方講座  229
「速報」の原稿をご用意ください  230
学会記事
top▲

第20巻3号(2016年7月)
短報
太田祐子・小牧義輝・出野貴仁・田中健文・槇原 寛・服部 力・升屋勇人・北島 博・島田律子
小笠原群島固有の絶滅危惧種コバトベラの枯死原因  133
臨症事例
前田雄一・河合隆行・土屋竜太・小山 敢
ハナミズキの生育に及ぼす日照条件について  138
速 報
山下香菜・太田祐子・米沢 洋・徳江 泉・山田利博
ドクターウッズによる人工空洞の検出  143
福田秀志・小堀英和・衣浦晴生
殺菌剤の高濃度少量予防注入によるカシノナガキクイムシ(Platypus quercivorus)の羽化脱出抑制効果  145
樹木医学の基礎講座
河合英二
海岸林講座第2 回:海岸林における津波以外の防災機能  147
シリーズ:環境ストレスと樹林地管理
小池孝良・池田武文
シリーズ「環境ストレスと樹林地管理」を始めるにあたって  154
小池孝良
北大札幌キャンパスにおけるニレの事例  155
記録
山岡裕一
樹木医学会・法政大学植物医科学センター共催ワークショップ報告
 第4 回“木材腐朽菌を顕微鏡で見てみよう”
 第5 回“葉の病害と病原菌を顕微鏡で見てみよう”報告  161
瀧 邦夫
「台日樹医交流研修会」に参加して  163
会員の広場
福田秀志
愛知県知多半島におけるナラ枯れ防除活動─カシナガ消防団(樹木医)との奮闘記─  166
書評  168
お知らせ
第6 回 ワークショップのお知らせ  171
樹木医学会第21 回大会のお知らせ・第2 回  172
樹木医学会第21 回大会現地検討会のご案内  176
学会記事
top▲

第20巻2号(2016年4月)
特別寄稿
濱谷稔夫
樹木医学会と「樹木医学研究」誌に願うこと  83
鈴木和夫
「樹木医学研究」創刊とこれから  85
速 報
越地 正・鈴木 清
酒匂川堤防松並木での呼び接ぎ事例  87
金野絢香・松木佐和子
被食防衛形質と繁殖頻度との間にトレードオフは見られるか?─冷温帯林の代表的先駆種であるシラカンバを例に─  89
二階堂由紀・樋口裕仁・西山正大・和田博幸・野村靜男
埼玉県長瀞町岩田地区に生育する‘岩田桜’の形態的特性  91
吉田有輝・安部鉄雄・野田晴美・遠藤ゆう・山岡好夫
玉川学園前駅前に生育するケヤキの保全  93
木原健雄・村上 翼・中馬いづみ・亀山統一・黒田慶子
デイゴ(Erythrina variegata)の軟腐症状および枯死要因の病理解剖学的研究  95
杉本博之・宗野俊平
伐倒を伴わないカシノナガキクイムシ逸出抑制法の開発  97
服部友香子・中島千晴・田中和明・神田 多・本橋慶一
ヒノキ科樹木3 属に寄生するPhyllosticta 属菌の分類学的再検討  99
加藤稜子・中井 勲・安部鉄雄・山岡好夫
池本三郎樹木医による樹木診断および治療成果の検討  101
樹木医学の基礎講座
鈴木 覚
海岸林講座を始めるにあたって  103
梅津勘一
海岸林講座第1回:日本の海岸林の成り立ちと推移─庄内海岸林を中心に─  104
シリーズ:植物園・公園の樹木管理
清水淳子・綾部 充
日光植物園における樹木管理  112
会員の広場
中村克典
岩手県三陸地方で拡大しつつあるナラ枯れ被害  118
お知らせ
樹木医学会第21回大会のお知らせ・第1回  120
2016年度樹木医学会各賞の候補者推薦のお願い  121
学会記事
top▲

第20巻1号(2016年1月)
巻頭言
矢口行雄
21年目を迎えた樹木医学会は新時代へ  1
佐橋憲生
「樹木医学研究」20 巻発行によせて  3
受賞講演要旨
鳥居正人
日本産とアメリカ産コナラ属の生苗木とγ線滅菌苗木におけるRaffaelea quercivora の菌糸伸展比較  5
シンポジウム
大園享司
病原菌は森林の多様性にどう影響するのだろうか?  7
田中 恵
外生菌根圏バクテリアの構造と多様性  9
久保田耕平
森林生態系の分解者としての虫とそれを支える菌  11
靑木淳一
森の仕組みと樹木の生活にかかわるダニの世界  13
短 報
能勢彩美・竹内隆介・大原直也・安平つく偲・池本省吾・山本福壽
Raffaelea quercivora を接種したコナラ節とクヌギ節苗木のエチレン生成  15
速 報
前田雄一・河合隆行・土屋竜太・小山 敢・矢部 浩
広葉樹緑化木に発生していた日焼け被害  20
勝木俊雄・岩本宏二郎・九島宏道・島田和則・和田博幸
多摩森林科学園における1960年代に植栽されたサクラの現況  22
米田亜沙美・福富昭吾・鴨居 宏・山本福壽
中国山地のイタヤカエデによるメープルシロップ生産(予報)  24
衣浦晴生・小南裕志・吉村謙一・山本遼平
カシノナガキクイムシによるコナラ被害木の樹液流特性  26
野口よしの・岩崎哲也
樹木の地域性系統に関する民間造園実務者へのアンケート意識調査  28
隅田皐月・森田剛成・黒田慶子
イチジク株枯病菌Ceratocystis ficicola の土壌から宿主への侵入経路の解明  30
亀山統一
琉球列島のホルトノキにおけるファイトプラズマの感染状態  32
山田利博・梁瀬桐子・軽込 勉・里見重成・塚越剛史・米道 学・村川功雄
マツ枯れ抵抗性家系の抽出物にみられる菌類やマツノザイセンチュウに対する阻害活性  34
渡邊悠介・松下範久
房総半島の暖温帯林に生息するモミ針葉内生菌の季節変動  36
矢野顕子・中島千晴・矢口行雄・本橋慶一
ハナノキ褐色円斑病菌の種子伝染の可能性  38
樹木医学の基礎講座
山本福壽
樹木と環境 第6回:水と樹木  40
小池孝良
樹木と環境 第7回:光と樹木  47
シリーズ:植物園・公園の樹木管理
小林 明
東京都の公園緑地における樹木管理の課題への取組  54
中井 貞
京都府立植物園におけるサクラのエアースコップを用いた土壌改良作業  60
記 録
濱野周泰
樹木医学会第20 回大会報告  66
会員の広場
亀山統一
九州・沖縄地区から「沖縄らしいみどりを守ろう事業」の進展  68
学会記事
top▲

第19巻4号(2015年10月)
論 文
松村愛美・福田健二
シラカシとヒサカキにおける葉内生菌の葉内分布と拮抗関係  195
樹木医学の基礎講座
楠城時彦
希少樹木講座6:八重山諸島の希少樹種の保全  205
速 報
福田秀志・高瀬一輝・小堀英知・衣浦晴生
カシノナガキクイムシ(Platypus quercivorus)による加害初期林分における「おとり木」の効果 ―愛知県知多半島における事例―  212
松原 功・有田和實・中村元英・行木 勉
市街地マツ林の樹幹注入剤使用による松枯れ防止効果について  214
杉本弥和・安部鉄雄・池田朋弘・小室武利・須藤 哲・関 敏之・徳江 泉・山岡好夫
音波を用いた精密診断機器の比較  216
山口彩花・楠本 大・山田利博
フジの多重形成層の構造  218
児島美喜・髙橋由紀子・松村愛美・福田健二
コナラ,シラカシ葉内生菌群衆における菌糸間相互作用  220
会員の広場
佐藤重穂
人工林の間伐施業の際の残存木への傷害の発生  222
お知らせ
樹木医学会第20回大会プログラム  224
学会記事
top▲

第19巻3号(2015年7月)
論 文
井沼 崇・間佐古将則・中島千晴
Pseudoplagiostoma eucalyptiによるユーカリ葉枯病
谷脇 徹・猪野正明・鶴田英人・齋藤央嗣・相原敬次・岡田充弘
ブナ若木へのジノテフラン樹幹注入によるブナハバチの防除効果
臨症事例
池本三郎・安部鉄雄・長谷川芳男・平野達也・中井 勲・山岡好夫
ホオノキの不定根発生誘導による治療
シリーズ:植物園・公園の樹木管理
勝木俊雄
「シリーズ:植物園・公園の樹木管理」をはじめるにあたって
大山幹成・津久井孝博
天然記念物「青葉山」における樹木管理方法
速 報
羽井佐冴彦・楠本 大・山田利博
ケヤキおよびクスノキ枝剪定後の巻き込みおよび材変色に対する塗布剤や剪定方法の影響
吉野聡一郎・樋口裕仁・二階堂由紀・神田 多・浮田茂郎・矢口行雄・本橋慶一
モミジバスズカケノキに発生する胴枯性病害
鈴木壌太朗・長谷川芳夫・安部鉄雄・池田朋弘・山岡好夫
JR二宮駅前に生育する大クスの樹木診断と伐採・植栽まで
三浦皓平・池本三郎・中井 勲・安部鉄雄・山岡好夫
箕輪町の諏訪神社に生育する大ケヤキの保全
松村愛美・髙橋由紀子・福田健二
同所的に生育するカシ類に内生するTubakia属菌の出現傾向
渡邊悠介・松下範久
房総半島の暖温帯林におけるモミ針葉内生菌の群集構造
佐藤博紀・下嶋 聖・内田 均・菅原 泉
横打撃共振法を用いた登山道に隣接する樹木の内部腐朽の実態調査
記 録
「インタビュー 樹木医学の最前線から(3)」
会員の広場
岡山瑞穂
サクラと私
お知らせ
第4回・第5回ワークショップのお知らせ
樹木医学会第20回大会のお知らせ・第2回
樹木医学会第20回大会現地検討会のご案内
学会記事
top▲

第19巻2号(2015年4月)
公開特別講演報告
中村克典
第19回樹木医学会大会公開特別講演「東日本大震災津波がもたらした樹木の被害」
短 報
伊藤俊輔・大城 篤・新垣拓也
沖縄県の農地防風林における南根腐病の防除事例
臨症事例
前田雄一・土屋竜太・矢部 浩・小山 敢
鳥取市で発生したスギ火災林における林床植生の動態─森林として速やかに再生できるのか?─
永野 修
ベニカナメモチ等のごま色斑点病による衰退・枯死誘因と薬剤防除
速 報
隅田皐月・森田剛成・軸丸祥大・黒田慶子
Ceratocystis ficicola接種によるイチジク株枯病発病過程の解剖学的研究
前田雄一・河合隆行・小山 敢
鳥取駅周辺に植えられたハナミズキの生育状況
田中一二三・保坂武宣・玉泉幸一郎
根系癒合を経由したマツ材線虫病への感染と被害拡大への影響評価
亀山統一・山城直也・日暮悠樹・塩垣美森・牧山 建・玉城信徳・上間明人・諸見里穂高・伊藤俊輔
沖縄島におけるホルトノキ萎黄病
髙橋由紀子・白水 貴・福田健二・山東智紀・Savitr Trakulnaleamsai
タイで発生したニッケイ属植物の奇形症状
中林優季・松下通也・真宮靖治・星崎和彦
マツ材線虫病の発病に至らなかった個体における病原体検出試験─潜在感染化するのか?─
杉本博之・宗野俊平・橋本道明
ナラ枯れ微害地における粘着資材を用いた被害抑制法の検討
樹木医学の基礎講座
植田 守
希少樹木講座5:北海道における希少樹木の保全
受賞講演要旨
松村愛美
関東地方の山地林と都市林における樹木葉内生菌の多様性比較
記 録
中村克典
樹木医学会第19回大会報告
お知らせ
樹木医学会第20回大会のお知らせ・第1回
「樹木医学会賞」,「樹木医学会奨励賞」,「臨症事例賞」および「樹木医学会功績賞」候補者推薦のお願い
学会記事
top▲

第19巻1号(2015年1月)
特 集:PPV(ウメ輪紋ウイルス)
難波成任
総論 PPV の早期根絶に向けて
前島健作・根津 修・姫野未紗子・濱本 宏・難波成任
日本に発生したPPV の特性とその診断
西尾 健・鍵和田聡
PPV の宿主範囲と国内農業生産上の脅威
塚本貴敬
ウメ輪紋ウイルスの発見と防除政策
星 秀男・前島健作・難波成任
東京都に発生したウメ輪紋ウイルス(plum pox virus, PPV)
相野公孝
兵庫県におけるウメ輪紋病の発生とその被害
鈴木 誠・白木与志也・北 宜裕
神奈川県におけるPPV 根絶のモデル事例
津田新哉
ウメ輪紋ウイルス発生地域における媒介虫アブラムシ種の調査
中畝良二・島根孝典・八重垣英明・安達栄介・宮田伸一・岩波 徹・中野正明
果樹におけるウメ輪紋ウイルスの症状
論 文
田中(小田)あゆみ・小笠真由美・田中憲蔵・福田健二
落葉広葉樹3 種における乾燥ストレス耐性と光阻害感受性の関係
解 説
加賀谷悦子
侵入害虫クビアカツヤカミキリAromia bungiiとサクラの被害
樹木医学の基礎講座
三浦真弘・長谷部辰高・千葉信隆
希少樹木講座4:東北地方における希少樹種の保全
速 報
徳江 泉・米沢 洋・安部鉄雄・池田朋弘・小野寺佳郎・後藤直樹・高島智晴・中田玲子・羽切俊勝・長谷川芳男・平野達也・山田利博
ドクターウッズによる診断と伐採後の観察事例─横浜市瀬谷第2公園のサクラ─
中逵正人・髙橋由紀子・松下範久
べっこうたけ病罹病イヌエンジュの樹体内における菌類の空間分布
後藤直樹・内田治男・米沢 洋・中野陽一郎
ソメイヨシノ根株腐朽に対する健全部調査について
古川夏未・中逵正人・佐々木潔州・真嶋好博・松下範久
ならたけもどき病により枯死したソメイヨシノ枯死木の根株内および周辺土壌中におけるナラタケモドキの分布
小沢 彩・松村愛美・髙橋由紀子・福田健二
カシ類に内生するTubakia属菌およびその関連菌の識別と病原性
山田利博
水ストレス下で傷害を与えた苗木における水分分布と反応帯形成
平野達也・四戸香織・有賀一郎・須藤 哲・佐藤太一
神奈川県内のソメイヨシノに発生した材質腐朽菌
会員の広場
小池孝良
カラマツのパートナー
学会記事
top▲

第18巻4号(2014年10月)
論文
小林正秀・吉井 優・竹内道也
気象がナラ枯れ(ブナ科樹木萎凋病)に及ぼす影響に関する初歩的研究
高橋由紀子・松下範久・原田幸雄・寳月岱造
ブナ科樹木葉に対する白粒葉枯病菌Redheadia quercusの病原性と感染経路
金谷整一・荒田洋一・池亀寛治・手塚賢至・秋庭満輝・中村克典
ヤクタネゴヨウに樹冠注入した殺線虫剤のマツ材線虫病予防効果と樹体内有効成分濃度
速 報
福田秀志・平田晋一・小堀英和・衣浦晴生
改良されたナラ枯れ防除法の効果と知多半島における被害拡大状況
杉本博之・宗野俊平
クワカミキリによるドウダンツツジの被害状況
小野かすみ・阿部美咲・蓑島綾華・吉澤祐太朗・折原紀子・堀越禎一・深澤智恵妙・鍵和田聡・堀江博道
バラ類黒星病菌(Diplocarpon rosae)の新宿主植物
柳瀬友里花・黒田慶子
神戸市内の街路樹の成長特性
実践報告
川島大次
樹木医が考える庭園管理―白鳥庭園を事例として―
会員の広場
上田正文
「巻枯らし」は,どのように木を枯死させているのか?
お知らせ
樹木医学会第19回大会プログラム
学会記事
top▲

第18巻3号(2014年7月)
樹木医学の基礎講座
磯田圭哉・笹島芳信・岩泉正和
希少樹木講座3:近畿・中国・四国地方における絶滅危惧種の保全
速 報
佐野太悠・髙橋由紀子・宋 坤・齐 猛・周 侠・福田健二・杨 永川
中国重慶市のシイ類の衰退の要因(1)地下部
髙橋由紀子・松村愛美・佐野太悠・宋 坤・齐 猛・周 侠・福田健二・杨 永川
中国重慶市のシイ類衰退現象に関わる要因(2)地上部
松原 功・石橋 亨・富塚武邦
2011年の津波による千葉県九十九里浜の樹木類の被害とその後遺症について
岩崎哲也・新井孝次朗・小田啓樹・永石憲道・森岡千恵
宮城県における津波1年半後の被災樹木の状況について(2012年秋季)
益守眞也・野川憲夫・丹下 健
原発事故で放出された放射性セシウムの樹体内外の分布─南相馬市の事例─
松村愛美・小沢 彩・福田健二
カシ類選好性内生菌Tubakia属3種と広宿主範囲内生菌との拮抗関係
徳岡 勲・本橋慶一・矢口行雄
アオキから分離された3種Phyllosticta属菌
前野早衣子・佐藤幸生・飯嶌柚奈・鍵和田聡・堀江博道
ネコノチチおよびミヤコイバラに発生したうどんこ病菌の所属
太田祐子・佐橋憲生・服部 力・秋庭満輝・Cannon P・Klopfenstein NB・Kim M-S・Schlub RL
西太平洋諸島における広義のPhellinus属菌による根株腐朽被害について
小木曽 裕
園庭における樹齢60年のソメイヨシノの花付回復への調査・処置の経過報告
お知らせ
樹木医学会第19回大会のお知らせ
樹木医学会第19回大会現地検討会のお知らせ
top▲

第18巻2号(2014年4月)
シンポジウム
丸山 温
環境ストレスと樹木の応答
金子真司
樹木の生育の場としての土壌環境
速 報
前田雄一・土屋竜太・矢部 浩・小山 敢
鳥取市で発生したスギ火災林における林床植生の動態
瀬尾まどか・石井弘明・黒田慶子
画像三次元化ソフトを利用した樹幹形の測定と診断
有賀一郎
板橋サンシティ樹林の保全活動40年
岡田充弘・近藤洋史
長野県におけるマツ材線虫病被害の発生可能性範囲
会員の広場
蒔田明史
モニタリング調査の意義─白神山地ブナ林モニタリング調査会の活動を例に─
お知らせ
樹木医学会第19 回大会のお知らせ
学会記事
top▲

第18巻1号(2014年1月)
臨症事例
福山厚子・長谷川和久・木下栄一郎・奥野正幸
植栽カンツバキの衰退事例―石川県小松市における事例報告―
樹木医学の基礎講座
千吉良 治
希少樹種講座2:九州地方における希少樹種ヤクタネゴヨウの保全例
記 録
阿部恭久
樹木医学会第18回大会報告
会員の広場
亀山統一
九州・沖縄地区から 沖縄らしいみどりを守ろう事業
書 評
学会記事
top▲

第17巻4号(2013年10月)
論 文
本橋慶一・宮本博行・山名利一・浮田茂郎・矢口行雄・中島千晴
我が国に発生するサクラ類穿孔性病害に関与する菌類の病因学的研究
樹木医学の基礎講座
池田重人
土壌講座6:人為的影響を受けた土壌の特徴と対策
記 録
「インタビュー 樹木医学の最前線から(2)」
受賞講演
「樹木医学会臨症事例賞」受賞講演要旨/池本三郎
クスノキの突然枯れが落雷被害であると気付いた経緯
「樹木医学会奨励賞」受賞講演要旨/髙橋由紀子
ブナ科樹木の萎凋病菌Raffaelea quercivoraの樹体内動態
お知らせ
樹木医学会第18回大会プログラム
樹木医学会第18 回大会現地検討会のご案内
学会記事
top▲

第17巻3号(2013年7月)
シンポジウム
第17回京都大会公開シンポジウム
池田武文
「植物園と樹木医学」の概要
山本福壽
樹木とストレス
松谷 茂
京都府立植物園における樹木の管理・育成
福本市好
神戸市立森林植物園における樹木の管理と育成
論 文
前田雄一・中村徳和・小山 敢・矢部 浩・土屋竜太
2004 年に発生したスギ林火災の実態と7 年経過後の生残木の現状
─火災被害林の取り扱いのために─
德丸 晋・上山 博・新屋 卓
プラタナスグンバイに対するチアメトキサムの樹幹注入による防除効果
速 報
岩崎哲也・新井孝次朗・小田啓樹・永石憲道・美濃又哲男・山下得男・森岡千恵
宮城県における津波5ヵ月後の樹木の被災状況について(2011 年夏季)
会員の広場
佐藤重穂
人工林の長伐期化と材質劣化
書 評
お知らせ
樹木医学会第18回大会のお知らせ
樹木医学会第18 回大会現地検討会のご案内
学会記事
top▲

第17巻2号(2013年4月)
臨床事例
前田雄一・矢部 浩・河合隆行・小山 敢
水田跡地に植栽されたヒノキ林の立ち枯れ被害
速 報
松村愛美・福田健二
落葉性,常緑性広葉樹における内生菌群集の季節変化と葉齢効果
清水 愛・木村公樹・田中龍聖・福田健二・神崎菜摘
マツ材線虫病被害程度による樹皮下穿孔性昆虫の生息状況の比較
福田秀志・森川尚季・小堀英和・衣浦晴生
愛知県知多半島で行ったナラ枯れの総合防除とその効果(Ⅲ)─総合防除3年目の成果─
三谷果穂・佐藤一輝・光川侑輝・山本福壽・二井一禎・竹内祐子
宿主樹木の薬剤処理がナラ枯れ伝播昆虫の行動・繁殖に及ぼす効果
中島千晴・宮本博行・浮田茂郎・本橋慶一
サクラ類穿孔褐斑病に関連する菌類について
山田利博
五葉マツ類かさぶたがんしゅ病の発生状況
小沢 彩・松村愛美・髙橋由紀子・福田健二
斑点症状を呈するシラカシ葉上の菌と優占する内生菌Tubakia sp.の病原性
長谷川絵里・宮下俊一郎
特異的プライマーによるサクラ類てんぐ巣病菌の‘染井吉野’からの検出原性
杉本博之・薦田邦晃・曽根晃一
農薬を使用しないカシノナガキクイムシ成虫駆除の可能性
岡田充弘・猪野正明・鶴田英人・吉濱 健・山内仁人・阿部 豊・齊藤正一
ナラ枯れなどの被害木くん蒸処理の検討
羽田雄一・猿田年保・栗栖敏浩
外生菌根菌と炭化物を活用したクロマツ育成手法について
清水淳子・綾部 充
平成24年4月に発生した暴風による日光植物園での風倒木被害の調査
柳瀬友里花・黒田慶子
神戸市内の街路樹の生育に関わる環境及び管理的要因
お知らせ
樹木医学会第18回大会のお知らせ
「樹木医学会賞」,「樹木医学会奨励賞」,「臨症事例賞」および 「樹木医学会功績賞」候補者推薦のお願い
学会記事
top▲

第17巻1号(2013年1月)
速 報
井口 史・阿部恭久
カワラタケ子実体の形態変異と交配試験
矢田 豊・千木 容・池田虎三・八木豊夫
樹幹注入剤の注入経過予測モデル式―マツ枯れ防止用樹幹注入剤を用いた検討―
梶井千永・森田剛成・軸丸祥大・黒田慶子
青変菌Ceratosystis ficicolaが関与するイチジク萎凋病の解剖学的研究
浅井美帆・黒田慶子
マツ材線虫病抵抗性アカマツ品種における木部樹脂道の構造特性と線虫移動阻害の関係
光川侑輝・佐藤一輝・二井一禎・竹内佑子
過去4年間の吉田山におけるナラ枯れ被害の推移
廣岡裕吏・秋庭満輝・升屋勇人・市原 優・高畑義啓・壽田智久・山本茂弘・矢田 豊・窪野高徳
スギ花粉の飛散を抑えるSydowia japonicaの感染機構
森本康永・矢田 豊
地上型3次元レーザー計測による樹木のモニタリング―環境改善による成長量の変化を中心として―
樹木医学の基礎講座
平尾知士
希少樹木講座をはじめるにあたって
生方正俊・長谷部辰高・大久保典久
希少樹木講座1:関東・中部地方における希少樹木の保全
記録
勝木俊雄
第1回樹木医ワークショップ「樹木の分類と同定講座(入門編)」の実施報告
池田武文
樹木医学会第17回大会報告
会員の広場
神庭正則
樹木の診断・治療を通じた台湾との交流
学会記事
top▲

第16巻4号(2012年10月)
速 報
松原 功・大木一男・石橋 亨・有田和實
千葉県東部のイヌマキ・ナギのケブカトラカミキリによる被害実態
今西純一・奥川裕子・金 鉉埈・飯田義彦・森本幸裕・山中勝次・小島玉雄
花数調査によるサクラ類の活力度評価について-奈良県吉野山のヤマザクラを事例とした考察
小木曽 裕
建替団地内におけるサトザクラ類の衰退度判定と花付及び木材腐朽に関する考察
陶山大志・桐田龍一・物部英樹
横打撃共振法における大径木の共振周波数の検出に及ぼすハンマー質量の影響 ―スギとモミにおける調査例―
山下香菜・勝木俊雄・田端雅進・太田祐子・明石浩司・元島清人・山田利博
遺伝資源保全林におけるヤツガタケトウヒの非破壊腐朽診断 その1: 3種の非破壊検査機器の比較
吉崎 走・亀山 統一
琉球列島のメヒルギから分離された樹木内生菌の宿主植物への感染性
佐藤佑太・本橋慶一・矢口行雄
鎌形分生子を有するColletotrichum属菌によるマンリョウ炭疽病の発生
浮田茂郎・本橋慶一・矢口行雄
マツ類の葉に発生した3種葉枯性病害
佐野真知子・鈴木健一・仲田理恵・窪野高徳・堀江博道
2010年夏季に東京有明地区で発生したクリ樹の胴枯れ症状
佐古和浩・江角智宏・岩本宏二郎・阿部恭久
多摩森林科学園におけるサクラの栽培ライン別腐朽被害
杉本博之・薦田邦晃・岡部武治・曽根晃一
農薬を使用しないマツノマダラカミキリ成虫駆除の可能性―現場における駆除効果の検証―
天然記念物保全の最前線
井藤博明
天然記念物 小木の御所ザクラの樹勢回復事業
会員の広場
有賀一郎
台湾・樹木医ボランティアツアー報告 ―日台共同による樹木の診断治療・遺伝子資源の保護活動,及びシンポジウムの開催―
天然記念物保全の最前線
山本福壽
ナラ枯れ現象解明の生理的アプローチ
お知らせ
樹木医学会第17回大会プログラム
樹木医学会ワークショップのお知らせ
学会記事
top▲

第16巻3号(2012年7月)
短 報
鳥居正人・松下知世・松田陽介・伊藤進一郎
Raffaelea quercivoraの接種による外国産コナラ属1樹種の枯死
樹木医学の基礎講座
小林 誠
樹木と環境第5回:樹木と温度
臨症事例
前田茂弘
単幹傘型イヌマキの樹勢回復治療事例
記 録
「インタビュー 樹木医学の最前線から(1)」
受賞講演
「樹木医学会臨症事例賞」受賞講演要旨/神庭正則
樹木医の活動と機器診断
「樹木医学会奨励賞」受賞講演要旨/小松雅史
サクラてんぐ巣病菌Taphrina wiesneriはソメイヨシノの枝の内部で越冬する
書評
お知らせ
樹木医学会第2回ワークショップのお知らせ
樹木医学会第17回大会のお知らせ
樹木医学会第17回大会現地検討会のご案内
学会記事
top▲

第16巻2号(2012年4月)
巻頭言
富樫一巳
樹木医学会の使命に思う
シンポジウム
富樫一巳
公開シンポジウム「生物多様性管理と樹木医学」の開催に当たって
桐谷圭治
IBMとただの虫
桜谷保之
里山的環境における生物間相互作用
畑 邦彦
樹木における内生菌(エンドファイト)の普遍性と機能 ―常在的な「弱い寄生菌」の存在意義―
臨症事例
吉澤光三
不定根活用による老齢木「金剛桜」の樹勢回復
速 報
前田雄一・中村徳和・小山 敢
スギ林火災発生時と7年経過後の生残木の調査 ―火災被害林の取り扱いのために―
山口岳広
強風下で腐朽木が折れるかどうかを推定する ―2004年台風18号風倒木データからの解析―
池本三郎・安部鉄雄・長谷川芳男・平野達也・山岡好夫・清水淳子
クスノキの突然枯れと落雷被害の症例比較
田中(小田)あゆみ・村尾敏寿・ 片山博之・田中憲蔵・福田健二
2次元イメージングクロロフィル蛍光測定器による障害部位可視化の試み
矢田豊・森本康永
3次元レーザースキャナを用いたアテ(ヒノキアスナロ) 漏脂病被害林分における樹幹形状の把握
矢田豊・千木容・八木豊夫
マツ枯れ防止用樹幹注入剤の注入処理成否予測 ―日本海側気候区(石川県)における予備的検討―
清水淳子・綾部 充
サクラ属の挿木増殖法の検討(第二報)
樹木医学の基礎講座
酒井寿夫
土壌講座5:土壌断面調査のポイント
記 録
松下範久・富樫一巳・楠本 大
樹木医学会第16回大会報告
会員の広場
小池孝良
越境大気汚染の影響
お知らせ
樹木医学会第17回大会のお知らせ
「樹木医学会賞」,「樹木医学会奨励賞」,「臨症事例賞」および「樹木医学会功績賞」候補者推薦のお願い
「侵略的外来種と貿易に関する国際会議(IUFRO 7.03.12)」開催のお知らせ
樹木医CPDの実施について
学会記事
top▲

第16巻1号(2012年1月)
論 文
柴田叡弌・松本全弘
大台ケ原のミヤコザサに寄生するカイガラムシ2種の生活史
佐藤重穂・松本剛史・奥田史郎
強度間伐を実施したヒノキ林における立枯れ発生と立地条件
短 報
喜多智靖
異なる下層植生の海岸クロマツ林内でのクロマツ菌根の出現頻度
樹木医学の基礎講座
鈴木 覚
樹木と環境 第4回:風と樹木
野口享太郎
土壌講座4:樹木の生育を支える根
会員の広場
小堀英和
愛知県尾張地方の桜と保全活動
学会記事
top▲

第15巻4号(2011年10月)
論 文
田中(小田)あゆみ・野口雄二郎・梅林利弘・松村愛美・赤見亜衣・田中憲蔵・福田健二
カツラ梢端枯れ木の葉の生理的・形態的特性
前田雄一・河合隆行・小山 敢
道路を挟んで東西に植栽されたムクゲとハナミズキの生育状況
短 報
喜多智靖
異なる下層植生の海岸クロマツ林内でのクロマツ菌根の出現頻度
速 報
小松雅史・佐々木潔州・真嶋好博・高橋由紀子・中逵正人・松下範久
千葉県松戸市常盤平さくろ通りのソメイヨシノに発生した腐朽被害の空間分布
滝川正義・深沢尚樹・大島 渡
街路樹診断野帳における簡易記号使用の提案
徳江 泉・滝川正義・永石憲道・神庭正則
圧縮空気を用いた細縦穴掘削土壌改良による既存樹木の樹勢回復
涌井 明
樹幹注入剤マッケンジー®施工によるマツ樹体への影響
徳江 泉・滝川正義・永石憲道・神庭正則
高圧圧縮空気を用いた土壌改良システムの開発
杉本博之・小坂敏幸・陶山大志・神原広平・竹松葉子
横打撃共振法によるクロマツ生立木のシロアリ被害木の検出(II)―海岸松林におけるシロアリの被害実態―
前山瑞穂・永石憲道・田中 勉・鈴木克典
都市公園内におけるヤマザクラがんしゅ症状被害木への景観修復、樹勢回復の一試行(I)―処置内容および短期経過の報告―
鐘ヶ江裕介・吉崎 走・亀山統一
琉球列島におけるヒルギダマシの樹木内生菌相
山田利博・村田政穂
数種樹木の自然傷害枝NRGおよび組織化学的観察
塚本こなみ・鈴木 清
フジの多重形成層に関する2,3の知見
樹木医学の基礎知識
津田 智
樹木と環境 第3回:火と樹木
相澤州平
土壌講座3:森林土壌の化学性
お知らせ
樹木医学会第16回大会プログラム
学会記事
top▲

第15巻3号(2011年7月)
論 文
モンスリムアンディ ブーンティダ・大原直也・田中美菜子・山本福寿
カシノナガキクイムシに加害されたコナラ(Quercus serrata)木部のエチレン生成と道管内のチロースの形成
短 報
河辺雄嗣・津田城栄・松浦邦昭・小河誠司・宇佐美暘一・楠木 学
ホルトノキ萎黄病罹病木におけるオキシテトランサイクリン製剤樹幹注入後のオキシテトランサイクリン濃度およびファイトプラズマ検出
速 報
石原 誠・秋庭満輝・佐橋憲生
カシ・ナラ類枝枯細菌病の発生傾向と被害対策
藤本浩平
高知県中部におけるクロマダラソテツシジミの発生とソテツへの被害について―2010年秋の状況―
松井優一・山田利博
材線虫病抵抗性アカマツにおけるマツノザイセンチュウの移動パターン
田中(小田)あゆみ・松村愛美・森田敏充・田中憲蔵・福田健二
ケヤキヒトスジワタムシ(Paracolopha morrisoni)による虫えいがケヤキ街路樹の葉の光合成に与える影響
佐藤重穂・松本剛史・奥田史郎
強度な間伐後にヒノキが立ち枯れを起こしやすい立地条件
清水淳子・綾部 充
サクラ属15分類群の挿し木増殖法の検討
池本三郎・安部鉄雄・長谷川芳男・平野達也
コフキタケ病、ベッコウタケ病を併発した「横浜公園の大ケヤキ」 診断と治療16年目の経過報告
樹木医学の基礎知識
山中高史
樹木と環境 第2回:土と樹木 樹木の成長を支える微生物の働き
お知らせ
樹木医学会第16回大会のお知らせ
樹木医学会第16回大会現地検討会のご案内
学会記事
top▲
第15巻2号(2011年4月)
シンポジウム
藤下章男
第15回静岡大会公開シンポジウムの概要
田畑勝洋
マツ樹体内に移動分散したマツノザイセンチュウが爆発的に増殖する引き金は何か?
相川拓也
マツノザイセンチュウのDNAを利用した新しい診断法―マツ材線虫病診断キット―
中堀宏昭
兼六園における樹木保護の経緯と課題
梅原欣二
松くい虫防除樹幹注入剤施用の注入障害と改善手法
樹木医学の基礎講座
崎尾 均
「樹木と環境」を始めるにあたって
小野寺弘道
樹木と環境 第1回:雪と樹木
篠宮佳樹
土壌講座2:保水性と通水性
会員の広場
蒔田明史
次世代に引き継ぐために…秋田市千秋公園サクラ再生計画
お知らせ
樹木医学会第16回大会のお知らせ
学会記事
top▲
第15巻1号(2011年1月)
論 文
スレ ズヘル・福田健二・山田利博
異なる季節に与えた物理的傷害に対する4樹種の反応
樹木医学の基礎講座
金子真司
「土壌講座」を始めるにあたって
今矢明宏
土壌講座1:日本の森林土壌
天然記念物保全の最前線
松尾 宏
天然記念物「隠家森」
学会記事
top▲
第14巻4号(2010年10月)
論 文
松田陽介・伊藤由佳・伊藤進一郎
コナラの異なる展葉期における葉内内生菌の感染様式
短 報
春日速水・井口和信・松井理生・富樫一巳
トドマツとエゾマツの切株におけるシラフヨツボシヒゲナガカミキリ成虫の日周活動と行動
樹木医学の基礎講座
内山憲太郎
樹木講座10:森林遺伝の観点からみた「健全な森林」とは?
会員の広場
亀山統一
九州・沖縄地区から 亜熱帯森林・林業研究会
お知らせ
樹木医学会第15回大会プログラム
樹木医学会第15回大会現地検討会のご案内
学会記事
top▲
第14巻3号(2010年7月)
論 文
陶山大志・中尾哲也・冨松祐樹
横打撃共振法によるヒノキ根株心材腐朽病の非破壊診断
短 報
小林 元・岡田充弘・小野 裕・安江 恒・井上 裕・植木達人
日本最古のカラマツ人工林における応力波伝播速度測定による生立木の腐朽診断
速 報
大倉香人・小林享夫・夏秋啓子
マサキ褐紋病菌の所属の再検討と病原性の確認
楠本 大・米道 学・村田政穂・渡辺敦史・磯田圭哉・平尾知士・山田利博
材線虫病抵抗性マツ類における組織の反応と線虫の分布・増殖
赤見亜衣・梅林利弘・福田健二
コンパクトMRIからみたマツ材線虫病における通水阻害と線虫分布との関係
森本康永・山田利博
地上型3次元レーザー計測による樹木診断の試み
石井陽介・有賀一郎・山岡好夫
日比谷公園における大径木数種の精密診断
坂上大翼・山田利博・楠本 大
ブナ科5樹種の辺材抽出物がブナ科樹木萎凋病菌Raffaelea quercivoraの菌糸伸長に及ぼす影響
岡田充弘・齊藤正一・小山泰弘・佐藤淳司
樹幹注入剤によるカツラマルカイガラムシ防除法の検討
張山 樹・松木佐和子
ウダイカンバ幼樹におけるハンノキカミキリの生態と被害
山田利博・米道 学・里見重成・井上広喜
千葉演習林産材線虫病抵抗性マツのセグメントを用いた抵抗性機構探索
金澤弓子・鈴木貢次郎・齋藤真吾・濱野周泰・染郷正孝
実生にみるエドヒガンの立ち性型と枝垂れ型
藤田さとみ・東中祐美子・金澤弓子・鈴木貢次郎・濱野周泰・染郷正孝
福島県内のサクラの巨木
森田敏充・清水淳子・福田健二
サクラ植栽樹における根株腐朽菌子実体発生の移り変わり
浮田茂郎・滝川俊弘・矢口行雄
サクラ類の葉枯性病斑から検出された菌類
清水淳子・綾部 充
日光植物園におけるサクラ類の腐朽病害現況調査
矢田 豊
アテ(ヒノキアスナロ)漏脂病の被害推移─間伐後4年間の被害推移と被害推移モデルへの適合状況─
野口雄二郎・田中(小田)あゆみ・梅林利弘・赤見亜衣・田中憲蔵・福田健二
カツラ梢端枯れ木のシュートの形態特性
清田陽助・濱野周泰
林床植生の生活環境に及ぼす樹林間伐の影響
松村愛美・福田健二
千葉県北西部の都市近郊林における樹木葉内生菌群集
亀山統一・吉崎 走
西表島のメヒルギ散布体から分離された樹木内生菌
内田孟哉・滝川俊弘・矢口行雄
Colletotrichum gloeosporioidesによるコウヨウザン炭疽病
三浦佳子・滝川俊弘・矢口行雄
Colletotrichum gloeosporioidesによるタイサンボク炭疽病
長谷川恵理・芝 小百合・金子忠一・矢口行雄
コアラ餌用のユーカリに発生した炭腐病と黒粉斑点病
梶村建太・濱野周泰
ラカンマキのペスタロチア病の発生と圃場の立地の関係
会員の広場
上田 正文
ヒノキの取り扱いには注意が必要
ニュース
鈴木和夫会員が「みどりの学術賞」を受賞されました
お知らせ
樹木医学会第15回大会のお知らせ
樹木医学会第15回大会現地検討会のご案内
学会記事
top▲
第14巻2号(2010年4月)
速 報
江幡 麻衣子・渡辺 直明
踏圧防止用にU字溝を逆埋設したヤマザクラ苗の地上部・地下部の状態
滝川 俊弘・矢口 行雄
モントレーイトスギに発生した葉枯れ症状
伊藤 悠人・滝川 俊弘・矢口 行雄
コウヤマキに発生した葉枯れ症状
平野 杏奈・滝川 俊弘・矢口 行雄
Colletotrichum gloeosporioidesおよびC. acutatumによるカツラ炭疽病
長谷川 絵里・秋庭 満輝・岩本宏二郎・勝木 俊雄・太田 祐子・高畑 義啓・石原 誠・佐橋 憲生・窪野 高徳
サクラ系統の病害調査(中間報告)
田留 健介・鈴木 貢次郎・濱野 周泰
サクラてんぐ巣病の発生生態に関する疫学的研究
田中(小田)あゆみ・野口 雄二郎・梅林 利弘・赤見 亜衣・田中 憲蔵・福田 健二
カツラ梢端枯れ木における葉の生理生態特性
山本 洋之・永石 憲道・矢作 達彦・神田 多・岡澤 信一・山岡 好夫
洋光台西公園に生育するケヤキの木材腐朽病の診断と治療(I)
羽田 麻子・岡澤 信一・山岡 好夫
洋光台西公園におけるケヤキの精密診断
沼田 悠佑・滝川 俊弘・矢口 行雄
Colletotrichum acutatumによるカリン炭疽病(新称)
樹木医学の基礎講座
黒田 慶子
樹木講座8 : ナラ枯れと樹木の健康管理
記 録
矢口 行雄・濱野 周泰・鈴木 貢次郎・佐藤 明
樹木医学会第14回大会報告
会員の広場
山本 福壽
ハリケーン・カトリーナの襲来と植生の変化
書 評
お知らせ
樹木医学会第15回大会のお知らせ
top▲
第14巻1号(2010年1月)
臨症事例
木崎 秀一・林 康夫・伊藤 忠夫
東京都指定天然記念物「安楽寺の大スギ」の破損に対する安全性の検討
金澤 弓子・東中 祐美子・小林 伸二・鈴木 貢次郎・濱野 周泰・染郷 正孝
山梨県内におけるサクラの巨木の種とその生育場所及び生育状態
樹木医学の基礎講座
齊藤 修
樹木講座9 : 「コナラ二次林における現代の管理方法」
会員の広場
佐藤 重穂
四国地域に近年になって侵入した樹木害虫
お知らせ
研究会のお知らせ
学会記事
top▲
第13巻3号(2009年10月)
論 文
吉川 枝里・米田 美里・岩永 史子・山本 福壽
オオバヤドリギの着生状況および形態・組織からみた寄生機構
臨症事例
木崎 秀一・林 康夫・伊藤 忠夫
東京都指定天然記念物「安楽寺の大スギ」の衰退原因に対する検討―大スギの生育地土壌に対する対応―
樹木医学の基礎講座
池谷 祐幸
樹木講座8 : 栽培植物の学名と和名
天然記念物保全の最前線
中村 真由美
天然記念物 杉沢の大スギの樹勢回復事業
会員の広場
岡山 瑞穂
PiCUS弾性波画像診断システムによるサクラの診断例
お知らせ
樹木医学会第14回大会プログラム
樹木医学会第14回大会現地検討会のご案内
学会記事
top▲
第13巻3号(2009年7月)
論 文
額谷 悠夏・田中(小田)あゆみ・福田 健二
梢端枯れ木および腐朽被害木の葉の光合成速度,蒸散速度,および葉の形態―東京大学柏キャンパス内のカツラ街路樹の事例―
三田 瞬一・星崎 和彦・佐々木 佳明・金田 吉弘・和田 覚・蒔田 明史・小林 一三
2004年台風15号による塩風害が秋田県の樹木に与えた影響 : 樹種,地域による変動及び海岸マツ林の防風効果
臨床事例
天野 孝之・三家 昌興・石井 良易
又兵衛桜(枝垂れ桜)の枝枯れ原因調査
速 報
松浦 邦昭・中北 理・小林 一三・太田 和誠・真宮 靖治
年越し枯れ木が翌年夏にマツノマダラカミキリの産卵を受ける場合
外岡 遼・梅林 利弘・福田 健二
マツ材線虫病における通水阻害進展様式の解明に向けたコンパクトMRI多点撮像法の開発
堀口 楓太・山岡 好夫・有賀 一郎
日比谷公園における100年生プラタナスの木材腐朽
岡澤 信一・山岡 好夫・石丸 勇介
横浜市磯子区に生育する街路樹の木材腐朽状況調査
清水 淳子・羽切 俊勝・池本 三郎・福田 健二
いずみ野駅前通桜並木における根株腐朽診断法の検討
岡田 充弘・窪野 高徳・升屋 勇人・吉武 孝・片倉 正行・山内 仁人・小山 泰弘・大矢 信次郎・小田切 貴子
長野県南部で発生したヒノキ集団枯損被害
田留 健介・濱野 周泰
都市環境下におけるサクラてんぐ巣病の発生実態
佐藤 重穂・松本 剛史
ヒノキ林における間伐の強度とマスダクロホシタマムシの発生消長の関係
川島 大次・衣浦 晴生・斉藤 正一
殺菌剤の樹幹注入によるナラ枯れ防除の実施例
田中(小田)あゆみ・臼杵 裕之・小栗 寛・野口 雄二郎・寺田 篤人・白川 一代・大澤 幸太・小島 圭・福田 健二
ケヤキ衰退木の光合成・蒸散速度
樹木医学の基礎講座
小山 泰弘
樹木講座7 : 山地における樹木植栽緑化の問題点
会員の広場
福田 秀志
愛知県内のナラ枯れ被害状況と「カシナガ消防団」
書 評
お知らせ
樹木医学会第14回大会のお知らせ
樹木医学会第14回大会現地検討会のご案内
「樹木医学会賞」および「樹木医学会功績賞」候補者推薦のお願い
学会記事
top▲
第13巻2号(2009年4月)
シンポジウム
平山 利隆
樹木関係の登録農薬の現状と方向性および施用上の諸問題
陶山 大志
樹木病害に対する農薬適用拡大に向けた共同研究
雪田 金助
土壌伝染性病害,リンゴ紋羽病対策の現状
中山 秀一
農薬散布(樹木薬剤散布)の現状と課題
論 文
吉川 枝里・米田 美里・宮本 和則・岩永 史子・山本 福壽
オオバヤドリギと宿主の水分生理特性と物質生産
佐藤 明
吸汁性昆虫トドマツオオアブラムシ寄生によるトドマツ稚樹の枯損と水分状態
速 報
吉武 孝
樹木による水面緑化試験
額谷 悠夏・田中(小田)あゆみ・福田 健二
梢端枯れをおこしたカツラ植栽木の葉の水ポテンシャル及び土壌特性
伊藤 由佳・松田 陽介・伊藤 進一郎
コナラ実生葉に対する優占内生菌の感染様式
竹本 周平・出川 洋介・中村 仁
神奈川県下で発見された白紋羽病菌類似の未記載種
高橋 幸吉・中村 澄夫・木村 治美・海老根 翔六・川上 一夫・阿部 恭久
茨城県のスダジイに発生した幹心腐病および根株心腐病
清水 淳子・福田 健二・池本 三郎
いずみ野駅前通桜並木におけるベッコウタケの分布
樹木医学の基礎講座
尾崎 研一
保全講座5 : 昆虫の増殖・分散と天敵の反応
金指 あや子
樹木講座6 : 日本における希少樹種の現状と保全
記 録
窪野 高徳
樹木医学会第13回大会報告
河辺 祐嗣
樹木医学会第13回大会現地検討会
会員の広場
小池 孝良
森林美学における巨樹・巨木の意義
書 評
お知らせ
樹木医学会第14回大会のお知らせ
学会記事
top▲
第13巻1号(2009年1月)
追 悼
鈴木和夫
松井光瑤氏を偲ぶ
論 文
小田 麻代・茂原 幸子・山本 福壽
リン及びカルシウム欠乏下にある2年生クヌギ実生苗の成長に及ぼすアルミニウムの影響
田中(小田)あゆみ・臼杵 裕之・福田 健二
葉緑素計を用いて判定したケヤキの活力度と葉の光合成・蒸散速度の関係
短 報
太田 和誠・星崎 和彦・中村 克典・蒔田 明史・小林 一三・真宮 靖治
外部病徴の見られないアカマツから脱出したマツノマダラカミキリ成虫のマツノザイセンチュウ保持数
樹木医学の基礎講座
鎌田 直人
保全講座3 : 昆虫による加害と植物による防御(II)
天然記念物保全の最前線
中島 徹也
天然記念物 久米の五枝のマツ樹勢回復事業概要
会員の広場
蒔田 明史
秋田発 : 「天然記念物保存管理計画」進行中!
お知らせ
研究会のお知らせ
学会記事
top▲
第12巻4号(2008年10月)
top▲
第12巻3号(2008年7月)
論文
小林元・古賀信也・岡野哲郎・田代直明
応力波伝播速度測定によるカラマツ生立木の非破壊腐朽診断-九州大学北海道演習林と信州大学野辺山ステーションにおける調査事例-
速報
福田秀志・佐野明・久保田祐介・鈴木啓介
穿孔性昆虫類の巻き枯らし間伐木利用状況一施業時期による比較を中心として一
太田和誠・星野和彦・中村克典・蒔田明史・小林一三・真宮靖治
針葉変色を伴わないアカマツから脱出したマツノマダラカミキリ成虫のマツノザイセンチュウ保持数
岡田充弘・齊藤正一・衣浦晴生・野崎愛・山内仁人・小山泰弘・近藤道治・小林正秀
カシノナガキクイムシによるナラ枯れ被害対策の検討
野澤彰夫
ヒラシマハムグリハバチによるヤマツツジの被害
松村愛美・橋詰洋介・福田健ニ
山地の森林と都市近郊林における樹木内生菌相の比較
川井彩子・竹内祐子・東順一・二井一禎
コナラ内生菌のRaffaelea quercivoraへの抑制効果
渡邊陽子・北岡哲・大塚優佳・日向潔美・笹賀一郎・小池孝良ノ
落葉広葉樹個葉における被食防衛物質の局在と変動環境に対する応答
橋詰洋介・佐橋憲生・福田健ニ
標高変化に伴うブナ葉内生菌相の変化に関する研究
佐橋憲生・秋庭満輝・石原誠・宮崎和弘
南西諸島において異なる9種の樹木から分離された南根腐病菌(Phellinus noxius)の相互接種試験(予報)
青木美愛子・矢口行雄
Fusicoccum aesculiによるヤマボウシの葉枯被害
本橋慶一・河辺祐嗣・中島千晴
葉枯症状を示すマンサク類に寄生するPhyllosticta属菌の同定と接種試験
清水淳子・坂上大翼・福田健ニ
町田市・中野区の街路樹における腐朽菌子実体が発生したサクラ類樹体内の腐朽分布
樹木医学の基礎講座
堀大才
樹木講座5:樹木移植の理論と実践技術
天然記念物保全の最前線
本間暁
天然記念物御油のマツ並木
会員の広場
上田正文
枝打ちと樹幹内の水の流れ太い枝の勇定には注意が必要?
書評
お知らせ
樹木医学会第13回大会のお知らせ(訂正があります
樹木医学会第13回大会現地検討会のご案内
~研究発表の内容は「速報」として掲載されます~
「樹木医学会賞」および「樹木医学会功績賞」候補者推薦のお願い
学会記事
top▲
第12巻2号(2008年4月)
シンポジウム
伊藤進一郎
我が国のブナ科樹木萎凋枯死被害(ナラ枯れ)の現状
鎌田直人
カシノナガキクイムシからみたブナ科樹木萎凋枯死被害(ナラ枯れ)研究の最前線
山田利博
病原菌から見たブナ科樹木萎凋枯死被害(ナラ枯れ)研究の最前線
小林正秀
ブナ科樹木萎凋枯死被害(ナラ枯れ)の防除法
論文
小田麻代・山本福壽
クヌギ実生苗の成長に及ぼす酸とアルミニウムの影響
臨症事例
宇佐美暘一・河辺祐嗣・小河誠司
ホルトノキ萎黄病に対する抗生物質の樹幹注入による薬害発生と樹勢回復
樹木医学の基礎講座
山田利博
保全講座2:微生物の感染と樹木の反応
記録
伊藤由佳・伊藤進一郎・柴田叡弌
樹木医学会第12回大会報告
奥田清貴・伊藤進一郎
樹木医学会第12回大会現地検討会
会員の広場
板鼻直榮
東京都上野恩賜公園の記念樹「グラントヒノキ」後継苗の里帰り
書評
お知らせ
樹木医学会第13回大会のお知らせ
"樹木のリスクマネジメント"に関する国際シンポジウム開催のお知らせ
学会記事
top▲
第12巻1号(2008年1月)
巻頭言
阿部恭久
樹木医学における研究・技術交流
論文
河辺祐嗣・軽部勲夫・杉山正幸・松浦敦士
落雷によるヒノキ人工林の集団枯損被害
臨症事例
矢作達彦
エンドレスローラを用いた立ち曳き工法による大径木の移植事例
清水淳子・池本三郎・山岡好夫・福田健ニ
コブサルノコシカケモドキが発生した「横浜市指定名木古木サルスベリ」の診断と治療経過
近藤啓子
秋田県における海抜ゼロメートル地のブナ林でのクワカミキリ被害
樹木医学の基礎講座
丹下健
樹木講座3:樹木の光合成と環境ストレス
加藤一隆
樹木講座5:樹木における病虫害抵抗性育種の現状と課題
佐橋憲生
保全講座4:微生物による病気の伝搬の機構
天然記念物保全の最前線
本間暁
天然記念物志布志の大クス
会員の広場
山本福壽
タイにおける沈香(じんこう)の人工的生産
お知らせ
研究会のお知らせ
学会記事
top▲
第11巻4号(2007年10月)
資料
小林明
2006年の東京都におけるサクラ類の主な害虫
速報
岡山瑞穂
ピカス音波計測器,ガンマ線腐朽診断機,レジストグラフによる樹木腐朽非破壊検査の計測比較
陶山大志
横打撃共振法による松江市城山公園クロマツの危険木診断
小林一三
「松くい虫被害」は間もなく青森県に侵入するか?
秦広志・多賀正明・森靖雄・木村裕重・梅原欣ニ
マツ材線虫病で枯損した天然記念物一勝楽寺のクロマツの事例-
鵜川信・福田健ニ
マツ材線虫病の被害による外生菌根菌群集の多様性の低下
伊藤幹二・伊藤操子
樹木による樹種固有の土壌形成作用:適切な土壌管理に生かせるか?
上田恒久・白石眞一・通山雅幸・真武弘延
大径古木クロガネモチIlex rotundaの移植移植の経緯と経過
白石眞一・上田恒久・前田幸浩・通山雅幸・真武弘延
大径古木クロガネモチIlex rotundaの移植移植後の養生管理
前田幸浩・白石眞一・栗山和道
大径木イチョウGinkgo bilobaの大型機器による移植事例
野澤彰夫
キシタエダシャクによるレンゲツツジの枝枯れ被害
高橋幸吉・高木一夫・田代定良・塚本こなみ・竹内純・青木孝之・廣岡裕吏
キングサリに発生した新病虫害一RhizoctoniaCylindrocladiumFusarium属菌による根腐れおよびシイコキクイムシ,Phomopsis属菌による枝幹の枯損一
有賀一郎
合意形成・アセットマネジメントを取り入れた街路樹管理のあり方について一神奈川県道57号相模原大蔵町線を事例に一
清水淳子・池本三郎・山岡好夫・福田健ニ
コブサルノコシカケモドキが発生した「横浜市指定名木古木サルスベリ」の診断と治療経過
岡山瑞穂
アスファルト舗装による樹勢衰退障害対策一ブレスパイプによる土壌改良
井口和信・福原賢ニ
北海道富良野市における国道沿い危険木診断の事例
池本三郎・山岡好夫
全枝葉枯れ大クスノキの治療 神奈川県立青少年センターのクスノキ2003年~2006年の治療結果
小島拓夫・山岡好夫
樹体支持力向上を目的としたソメイヨシノの不定根誘導
高橋創・松下範久・寳月岱造
都内3地点における街路樹3種のフェノロジーの比較
菊池研介・井手下晃・鈴木和夫
コナラのこぶ病一湘南で発生一
岸達雄・前田幸浩・白石眞一
福岡における街路樹診断事例の中間総括
堤真知子・高橋由紀子・松下範久・寳月岱造
サクラてんぐ巣病菌の罹病葉内での分布
村上裕作・松田陽介・中西健一・山本福壽・伊藤進一郎
ヒノキとレイランドサイプレスの樹脂道形成に対する病原菌,エチレン,サリチル酸,およびジャスモン酸の影響
矢口行雄・Henry B.P.・Store A.J.・山田利博・市川薫・原祐ニ
ハナミズキの街路樹に発生した葉枯性病害
秦広志・増田伊佐男
雷による樹木の枯損一樹皮の破裂症状一
中井堅・宮川秀則・山添直也・本田陽子・榊原淳一・田中真人
音響波を用いた樹木内部診断機の開発
小松雅史・孫貞阿・松下範久・寳月岱造
クロマツへの接種によるマツノザイセンチュウのF-WGA染色性の変化
斉藤友彦
つちくらげ病被害地における病原菌の捕捉法の検討
岡田充弘・小山泰弘・山内仁人
アカマツ苗木の除草剤による薬害症状
高橋健太郎・深澤光
30分間の加熱によりマツノマダラカミキリの死亡する温度
佐藤重穂・松本剛史・田端雅進
スギ・ヒノキ人工林における間伐の実施に伴う病虫害発生の危険性の評価
佐藤喜和・戸梶智彰・上石智里
ヒグマの背擦り行動に伴う樹木被害と樹木の選択性
岩田隆太郎・上澤邦允・飯野意彦・谷原大樹
マツノマダラカミキリ成虫は揮発性性フェロモンを本当に持っのか:網室内での誘引試験
徳江泉・山岡好夫
ヤマザクラ植栽木治療の失敗事例一診断内容と治療後の経過一
樹木医学の基礎講座
柴田叡弍
保全講座6:鳥獣による加害と植物の反応
長池卓男
樹木講座4:森林生態系の多様性維持における枯死木の役割と管理
天然記念物保全の最前線
本間暁
天然記念物山高神代ザクラ
会員の広場
寺島幸弘
明日へ未来へ北の大地の森づくり一第58回全国植樹祭の開催一
お知らせ
樹木医学会第12回大会プログラム
樹木医学会第12回大会現地検討会のご案内
学会記事
top▲
第11巻3号(2007年7月)
総説
山本歩・松田陽介・伊藤進一郎
サクラてんぐ巣病の防除法の確立をめざして
一これまでの知見と今後の展望一
資料
松下範久・進藤克実・近藤那海子・鈴木和夫
ライゾトロンによる樹木根系の観察法
速報
矢口行雄・宮坂裕美・鎮野宏幸
Botryosphaeria dothideaによるヤマボウシ枝黒枯病の発生
高橋由紀子・松下範久・宝月岱造
Mycopappus alniの病原性と宿主範囲
清水淳子・林康夫・福田健二
名称小金井桜における木材腐朽菌類の発生状況
橋詰洋介・佐橋憲生・福田健二
ブナ葉内生菌の地理的分布に関する研究
冨田改・山本謙一
非破壊樹木診断機による街路樹の腐朽実態調査事例
樹木医学の技術講座
神庭正則
技術講座を始めるにあたって
飯塚康雄
技術講座2:機器による樹木腐朽診断
会員の広場
亀山統一
九州・沖縄地区からデイゴヒメコバチの侵入
書評
Index of fungi inhabiting woody plants in Japan - Host, Distribution and Literature - / 日本産樹木寄生菌目録
お知らせ
樹木医学会第12回大会のお知らせ
樹木医学会第12回大会現地検討会のご案内
~研究発表の内容は「速報」として掲載されます~
top▲
第11巻2号(2007年4月)
シンポジウム要旨
難波成任
植物医科学ー植物病理学の新たな発展に向けてー
梶村恒
昆虫と菌類の共生関係からみた緑の質
臨床事例
天野孝之・中矢功
春日大社神木大杉に対する土壌改良の実施
樹木医学の基礎講座
富樫一巳
保全講座を始めるにあたって
池田武文
保全講座1:非生物的環境による植物の傷害
黒田慶子
樹木講座2:木部樹液の動きと樹木の健康
天然記念物保全の最前線
本間暁
特別史跡および特別天然記念物 日光杉並木街道杉並木寄進碑
記録
冨田改
樹木医学会第13回現地検討会ー秋の江の島・鎌倉
会員の広場
岡山瑞穂
クスノキ根の環状剥皮の実施例
中村克典
ナラ枯れ,秋田県に侵入
お知らせ
樹木医学会第12回大会のお知らせ
樹木医学会技術研修会のご案内
樹木医学会各賞候補者推薦のお願い
学会記事
top▲
第11巻1号(2007年1月)
シンポジウム
福田健二
樹木医学会第11回大会シンポジウム「これからの樹木医学」
阿部恭久
生立木の腐朽ー伐るべきか残すべきか?ー
古田公人
樹木医倫理を考える
短報
小林元・古賀信也・田代直明・大崎繁・山内康平・鍛冶清弘・内海泰弘・岡野哲郎
カラマツ生立木の非破壊腐朽診断ー応力波測定法と打診法の比較ー
臨床事例
岡田充弘・小山泰弘・山内仁人
長野県中部におけるアカマツの寒風害
解説
讃井孝義・黒木逸郎
九州に発生した集団葉枯症(仮称)によるスギ林の被害
樹木医学の基礎講座
勝木俊雄
樹木講座を始めるにあたって
勝木俊雄
樹木講座1:DNAを利用した樹木の分類
天然記念物保全の最前線
本間暁
樹木個体の天然記念物の変遷
記録
鵜川信
ポーランドで行われたユフロワーキングパーティー7.03.12「外来侵入種と国際貿易」の第1回集会に参加して
鵜川信
ポルトガルで行われた国際シンポジウム「マツ材線虫病:森林生態系への世界的脅威」に参加して
学術会議情報
鈴木和夫
森林・木材・環境アカデミーと新生日本学術会議
会員の広場
佐野明
中部地区からー巻き枯らし間伐への期待と不安ー
学会記事
top▲
第10巻2号(2006年9月)
巻頭言
阪本 功
樹木医と社会的信用
論文
渡邉章乃・矢口行雄
Glomerella cingulataによるイチョウ炭疽病
短報
村木尚子・柳川久
帯広市における鳥獣類による樹洞利用の季節変化
臨床事例
池本三郎・山岡好夫
横浜公園における10年間のケヤキ腐朽治療
解説
上田正文・柴田叡弌
都市近郊林に生育するスギの樹幹高は揃う-水分生理からの説明-
シンポジウム
福田健二・中山義治・神庭正則・深沢尚樹・金京姫
樹木医学会第10回大会シンポジウム「これからの樹木医」
記録
濱野周泰
樹木医学会第10回・第11回現地検討会
鈴木和夫
樹木医学会第12回現地検討会ー上野恩賜公園ー
中山義治
日本の松原再生シンポジウムを開催
松枝章
日本樹木医会・石川大会の報告
会員の広場
塚本こなみ
NHKテレビ「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演して
金田正弘
室蘭市常磐公園 樹齢133年のイチイの風害と治療
山本三郎
都市公園の樹木
top▲
第10巻1号(2006年3月)
巻頭言
伊藤進一郎
森林の衰退・枯死と樹木医学
解説
太田祐子
ナラタケ属菌の分類・系統・生態およびナラタケ病の防除
論文
松下範久・兼平千臣・鈴木和夫
rDNA-IGS1領域のPCR-RFLP分析に基づく日本産てんぐ巣病菌(Taphrina wiesneri)の遺伝的多様性
佐藤重穂・前藤薫・宮田弘明
ヒノキ伐倒木におけるニホンキバチ成虫発生数に及ぼす伐倒時期と材の玉切り処理の影響
小松雅史・鈴木和夫
マツノザイセンチュウ接種クロマツ組織の壊死過程における電解質漏出現象
解説
松田正宏
平成18年豪雪による福井県の森林被害-これまでの豪雪被害とどこが違うのか-
会員の広場
松枝 章
中部地区から
樹木医学会第11回大会案内
学会記事
top▲
第9巻2号(2005年10月)
論文
益守眞也・山口 順
圧密土壌に対する根の成長反応の樹種特性
横田和歌子・丹下 健・鈴木和夫
サーモグラフィーによる樹木の水ストレス評価
短報
正木伸之
樹木の野外計測で遭遇した諸問題―根の電位計測と樹液流計測についての検討―
記録
濱野周泰
樹木医学会第8回現地検討会
濱野周泰
樹木医学会第9回現地検討会
学会記事
top▲
第9巻1号(2005年3月31日)
総説
加賀谷悦子
森林昆虫研究における分子マーカーの利用
解説
上田正文・柴田叡弌
なぜ樹木は台風通過後に衰退・枯死するのか?―強風にさらされたヒノキの水分状態からの説明―
記録
福田廣一
樹木医学会第7回現地検討会
第9回大会講演要旨
学会記事
top▲
第8巻 2号 (2004年9月30日)
口絵
坂本 泰明
ヤナギ類水紋病
総説
楠本 大
針葉樹の樹脂流出はなぜ起こる?
論文
佐藤 重穂・前藤 薫・田端 雅進・宮田 弘明・稲田 哲治
ニホンキバチの羽化成虫数に影響を及ぼす要因-夏季のスギ間伐放置木において樹木個体間で成虫発生数が変動する原因-
解説
安東 和彦・都築 司幸
樹木医の農薬概論 IV.農薬の適正使用と主要製品(2)
トピック
坂本 泰明
ヤナギ類水紋病:我が国における発生と罹病材の病体解剖について
記録
小池 孝良
研究集会報告 ”ユフロ:森林昆虫の個体群動態と宿主植物との関係”
松木 佐和子
”第15回アメリカ政府機関マイマイガ研究集会”に参加して
学会記事
top▲
第8巻 1号 (2004年3月31日)
巻頭言
河原 輝彦
樹木の保全と土壌環境
論文
山田 利博・菊地 泰生
暗色枝枯病菌を接種したスギにおける接種菌量と病斑および材変色の大きさとの関係
正木 伸之・岡本 尚・蓮池 進一郎
マツノザイセンチュウの加害によるクロマツ根系木部通導組織電位(trans-root electric potential)の変化
久保田 耕平・久保田 典子
ヤナギ類(Salix spp.)の枯死部に穿孔するDorcus属(コウチュウ目クワガタムシ科)
記録
佐野 明・繁田 真由美
樹洞シンポジウム「樹洞は誰のもの?―樹洞性動物の保護と樹木保全の両立を目指して―」
大和 万里子・鈴木 和夫
カシ類突然死―あなたならどうする―オンラインシンポジウム2003
第8回大会講演要旨
学会記事
top▲
第7巻 2号 (2003年9月30日)
論文
伊藤 進一郎・木本 真衣・吉橋 秀典・矢田 豊
石川県のレイランドサイプレス植栽木に発生した樹脂胴枯病被害
久保田 耕平・宝 山・井上 重紀
中国寧夏回族自治区におけるAnoplophora属2種(コウチュウ目、カミキリムシ科)の種間関係に関する形態学的解析
資料
讃井 孝義
暗色枝枯病によるスギの梢端部枯死
事例研究
大神 邦昭
年輪年代法による老木の樹齢推定 ―福岡県雷山観音杉2号木の事例―
学術会議情報
鈴木和夫
日本学術会議改革の経緯と第19期活動
記録
松下 範久
樹木医学会第6回現地検討会
伊藤 進一郎
アメリカ植物病理学会2003年年次大会“ナラ・カシ類衰退・枯死に関するシンポジウム”に参加して
学会記事
top▲
第7巻 1号 (2003年3月31日)
口絵
大宜見朝栄
樹木のこぶとその病因
特別寄稿
李 景俊・鈴木和夫
韓国における樹木病院と資格認定制度
論文
古田公人
イロハモミジ樹上のモミジニタイケアブラムシ密度の長期変動に与える生物季節と天敵類の影響
佐藤重穂
ヒノキカワモグリガ幼虫によるスギ樹皮上の摂食箇所の分布と樹枝流出との関係
トピック
吉武 孝
樹木の耐火性・防火性
解説
大宜見朝栄
樹木のこぶとその病因(概説) -特に日本の亜熱帯・暖温帯地域にみられる細菌こぶ病について-
ニュース
大和万里子・鈴木和夫
森林画像のインターネット検索
記録
福田健二・坂上大翼
第5回現地検討会(赤松街道)に参加して
第7回大会講演要旨
学会記事
top▲
第6巻 2号 (2002年9月30日)
口絵
福山研二
病害虫は森を多様にする?
総説
上田正文・柴田叡弌
「ひずみゲージ法」によって測定した樹木の幹・枝部の直径日変化と水分状態
論文
田村典子・大原誠資
タイワンリスによって剥皮される広葉樹の忌避成分含有量
岩本則長・栗田直明・石塚孝一・丹下 健
踏圧と樹木園の土壌物理性との関係 93
小田麻代・山本福壽
根圏のアルミニウムがクヌギ、クスノキおよびユーカリの成長とバイオマス配分に及ぼす影響
資料
福田廣一・樋口利雄
コケによる斜面(法面)緑化の可能性
解説
安東和彦・都築司幸
樹木医の農薬概論 III. 農薬の製剤と主要製品(1)
トピック
福山研二
病害虫は森を多様にする? -親木の近くでは稚樹に虫がつきやすいか-
記録
矢田豊
樹木医学会第4回現地検討会
学会記事
top▲
第6巻 1号 (2002年3月31日)
口絵
金子 繁
さび病
巻頭言
古田公人
作物と樹木、それぞれの病害虫との関係
論文
塩原貴浩・濱野周泰・濱谷稔夫
樹木医のカルテに見られる大型樹木の衰退の傾向と原因
小林享夫・高橋幸吉
ナツツバキ・ヒメシャラ紅斑病(新称)
資料
佐野 明
コウモリ類による樹洞の利用
トピック
金子 繁
さび病
川上和人
移入種ガビチョウの野生化
学術会議情報
鈴木和夫
日本学術会議答申「森林の多面的な機能の評価をめぐって」
記録
鈴木和夫
ポルトガル・マツノザイセンチュウ・ワークショップ
佐橋憲生
樹木医学会第3回現地検討会記録

第6回大会講演要旨
書評
学会記事
top▲
第5巻 2号 (2001年9月30日)
口絵
岩崎義信・大津雅英・佐々朋幸
久保ザクラ樹勢回復に向けた根圏改良の記録
論文
釜口明子・中尾哲也・中井毅尚
横打撃共振法を用いた生立木の非破壊的内部診断
高橋健太郎
スギ採種園内に植栽されたサワラにおけるスギカミキリ被害
松浦邦昭
薬剤によるマツ材線虫病からの回復木にみられた回復過程諸相
資料
岩崎義信・大津雅英・佐々朋幸
久保ザクラ樹勢回復に向けた根圏改良の記録
青木葉子・鈴木和夫
樹木医学関連3誌の最近の動向-Journal of Arboriculture、Arboricultural Journal、樹木医学研究-
解説
安東和彦
樹木医の農薬概論 II.農薬の効力評価と開発
トピック
益守眞也
硬い土壌と根の成長
記録
手代木徳弘
樹木医学会第2回現地検討会
周藤靖雄
ユフロの東北アジア森林保護研究集会-第3回集会
山田利博
2001年の森を探る-いろいろな働き- 日本学術会議・林学研究連絡委員会シンポジウム

学会記事
top▲
第5巻 1号 (2001年3月31日)
口絵
中川茂子
マツ枯れ防止樹幹注入剤施用により発生する異常
論文
小野寺有子・坂上大翼・松下範久・鈴木和夫
都市に生育する巨木の生理状態とフェノロジー特性
解説
中川茂子
マツ枯れ防止樹幹注入剤施用により発生する異常
トピック
斎藤新一郎
樹木の雪害と対策
山ノ下卓・丹下健
土壌の過湿害
記録
山田利博・小坂肇・富樫一巳・鎌田直人
第21回IUFRO世界大会
吉武孝
第10回さくら研究発表会記録
第5回大会講演要旨
書評
学会記事
top▲
第4巻 2号 (2000年9月30日)
口絵
坂本泰明
細菌性樹木病害
総説
伊藤賢介
スギカミキリの生態と防除に関する研究の現状
論文
森宗昌子・山岡裕一・黒田吉雄・及川武久
Ceratocystis laricicola接種後のカラマツ生立木での病徴の進展
矢口行雄・上原勝江・亀山統一・小林享夫・中村重正
Colletotrichum capsiciによるブッソウゲ炭疽病
解説
安東和彦
樹木医の農薬概論 I.農薬の安全性と登録
トピック
坂本泰明
細菌性樹木病害
学術会議情報
鈴木和夫
日本学術会議の活動に向けて
記録
福田健二
「樹木病害研究会」および「森林昆虫談話会」の概要
坂上大翼
樹木病害現地検討会「さくら管理技術講習会 in IWAKI」
学会記事
top▲
第4巻 1号 (2000年3月31日)
口絵
周藤靖雄
針葉樹の葉枯性病害
論文
釜口明子・中尾哲也・中井毅尚
横打撃共振法によるスギ立木心材含水率の非破壊調査-岡山県竜ノ口グリーンシャワーに植栽された品種間の比較-
久林高市
雲仙岳山麓におけるヒノキ根株心腐れの樹幹内での進展
資料
佐藤咲枝・坂上大翼・鈴木和夫
ヨーロッパにおけるマツノザイセンチュウの新たな侵入
解説
渡辺直明
野外現場で使用可能な樹木診断装置
トピック
周藤靖雄
針葉樹の葉枯性病害
吉武孝・今村益子
落雷位置を知る方法の現状
記録
阿部恭久
樹木医学会記念シンポジウムの報告
第4回大会講演要旨
学会記事
top▲
第3巻 2号 (1999年9月30日)
口絵
天野孝之
吉野山桜活性化事業追跡調査
総説
福田健二
マツ材線虫病の病徴進展における生理的変化
論文
及美千代子・小林享夫
赤衣病菌(Erythricium salmonicolor)担子胞子の人工形成
福田秀志・柴田叡弌
愛知県の小牧山で発生したスギ大量枯死の原因
資料
天野孝之
吉野山桜活性化事業追跡調査
第3回大会発表要旨
書評
学会記事
top▲
第3巻 1号 (1999年3月31日)
口絵
塚本こなみ
大型フジ移植実践例の記録
巻頭言
鈴木和夫
樹木医学のフロンティアズ
ご挨拶
田尾秀夫
樹木医学会に期待する
論文
小玉泰義・釜口明子・中尾哲也・原田照太
横打撃共振法による樹幹内空洞の検出
宇佐美暘一
屋久島照葉樹林におけるオオバヤドリギの分布と生態
高橋幸吉・小林享夫
マツ類の植木に発生したペスタロチア葉枯病(続報)
高橋健太郎・小岩俊行・佐藤平典
落雷によって生じたアカマツ集団枯損発生事例
資料
塚本こなみ
大型フジ移植実践例の記録
解説
森川靖
森林の二酸化炭素固定機能の評価
記録
山田利博
マツ林の保全とマツ枯れに関するシンポジウム
学会記事
top▲
第2巻 2号 (1998年9月30日)
口絵
周藤靖雄
マツ類葉枯病の被害と接種発病苗
総説
周藤靖雄
マツ類葉枯病
論文
山田利博
生立木辺材の防御機構―三つのモデルの適合性―
讃井孝義
宮崎県においてスギ造林木の干害をもたらした気象要因
大谷眞一・濱野周泰・濱谷稔夫
東京都域における緑地内スギ生立木の衰退状況
解説
井手光俊
行政サイドにおける地球温暖化と森林に関する検討
研究会記事
top▲
第2巻 1号 (1998年3月31日)
口絵
高橋幸吉・小林享夫
マツ類およびアカエゾマツの植木に発生したペスタロチア葉枯病
論文
宇佐美暘一
北九州市および周辺地域におけるオオバヤドリギの生育分布と樹木被害
高橋幸吉・小林享夫
マツ類およびアカエゾマツの植木に発生したペスタロチア葉枯病
金子繁・佐藤豊三・富岡啓介・渡辺直史・井坂利章
ナツツバキの新病害炭疽病
解説
濱谷稔夫
樹木のからだの構造―樹木医療のための植物形態学―
第1回大会講演要旨
第2回大会講演要旨
研究会記事
top▲
第1巻 (1997年9月30日)
口絵
大澤正嗣・黒田吉雄・勝屋敬三
カラマツ幹心腐病菌の接種と腐朽の進展
創刊にあたって
松井光瑤
創刊によせて
高橋勲・合田隆史・田中文雄・木平勇吉・熊谷洋一・近藤秀明・小林享夫・長谷川久太夫・粂川昭夫
解説
松井光瑤
樹木の側から見た土壌
片桐一正
樹木と動物と医と―生物害と樹木医の働きとの関わり―
論文
山田利博・中島忠一
スギ生立木の辺材における防御反応―ノルリグナン類およびテルペン類の集積―
大澤正嗣・黒田吉雄・勝屋敬三
カラマツ幹心腐病菌の接種と腐朽の進展
永石憲道・神庭正則・笠松滋久・渡辺直明
音速測定を用いた樹木内部欠陥診断
樹木医会から
山本三郎
日本樹木医会の活動と樹木医の最近の話題
研究会記事
top▲
お問い合せ
Copyright(C) 樹木医学会 All Rights Reserved.