樹木医学会への入会等のお問合せ先

お知らせ

樹木医学会学会賞を佐橋憲生会員、
奨励賞を田中(小田)あゆみ会員が受賞

 2016年度学会賞の選考が行われ、佐橋憲生会員(森林総合研究所)が樹木医学会賞を、田中(小田)あゆみ会員(森林総合研究所)が樹木医学会奨励賞を受賞しました。

 佐橋会員は、日本における南根腐病の被害実態と宿主植物を初めて詳細に調査した業績が認められての受賞となりました。また、田中(小田)会員は、熱帯雨林の樹木が科または種レベルで窒素源を使い分けていることを明らかにするなど、今後の樹木医学への貢献が期待されての受賞となりました。

 第21回大会では、2016年11月12日に行われた定期総会において授賞式が執り行われ、翌13日には両会員による受賞講演が行われました。


受賞者の佐橋会員(左)と田中(小田)会員(右)

地平線に並ぶ樹木