樹木医学会への入会等のお問合せ先

大会

樹木医学会第24回大会のお知らせ(第1回)

第24回大会運営委員長 福田健二

 樹木医学会第24回大会を、2019年11月23日(土)~2019年11月25日(月)の3日間、東京大学弥生キャンパスを中心に開催いたします。
 1日目は、公開シンポジウムを開催します。公開シンポジウムのテーマは「樹木危険度診断の歴史と展望」です。腐朽被害などによる倒木危険度の診断は、天然記念物や公園・街路樹を中心に広く実施されています。なかでも機器診断については、ハードとしての機器やソフトとしての診断法ともに試行錯誤しながらも発達してきています。しかし、正確な診断を行うにはまだまだ課題が多々あります。シンポジウムでは、これまでの機器診断の歴史と現状、近年の新たな手法の取り組み、実際の診断の現状と課題を紹介し、診断に対する理解を深め将来の展望を探りたいと思います。
 2日目は、口頭とポスターによる発表会を開催します。発表会は、自身が行った研究や臨症事例を発表し、発表内容について多くの参加者と意見交換できる、年1回の貴重な場です。また、診断・治療の経験豊富な樹木医や樹木医学に関わる大学教員・研究者等との情報交換ができる場でもあります。発表経験のない方も、是非、本大会で発表に挑戦してみてください。発表をしない会員にとっても、樹木医学に関する最新の知見や、新たな診断・治療法に関する情報が得られると思います。多数の方々のご参加をお待ちしております。過去のプログラムは、樹木医学会のホームページからご覧いただけます。また、毎年、多くの発表が樹木医学研究に速報として掲載されています。
 3日目の大会最終日には、東京都内または千葉県内での現地検討会を予定しています。

1. 日程

2019年11月23日(土)11:00~12:00 理事・評議員会
12:00~13:00学会誌編集委員会
13:00~13:50定期総会
14:00~17:00公開シンポジウム
17:00~19:00情報交換会(懇親会)
11月24日(日) 9:00~16:00ポスター発表
 9:30~12:00口頭発表
12:00~14:00ポスターコアタイム
14:00~17:00口頭発表
11月25日(日)現地検討会

2. 会場

 東京大学弥生キャンパス(東京都文京区弥生1-1-1)

3. 公開シンポジウム

 「樹木危険度診断の歴史と展望」

4. 現地検討会

 東京都内または千葉県内を予定

5. 問い合わせ先

樹木医学会第24回大会事務局会
〒113-8657 文京区弥生1-1-1
 東京大学農学部森林植物学研究室内
 松下範久
e-mail: , FAX: 03-5841-7554

«前のページに戻る

地平線に並ぶ樹木