樹木医学会への入会等のお問合せ先


会員専用ページ

大会

| 大会案内 | 特別講演会 | 研究発表要領 | 現地検討会 |

樹木医学会第29回大会 特別講演会
「都市に生きる樹木を守る」
開催要領

1.趣旨

 都市に生きる樹木は私たちに様々な恵みをもたらしてくれますが,本来とは異なる過酷な環境におかれているのが実情です.植栽されてから時間が経ち,環境もさらに劣化して衰退が進む一方で,樹木にとってやさしい植栽環境や管理も指向されています.5年前の第24回大会の公開シンポジウムでは,樹木の危険度診断に絞って理解を深めることを目指しました.今回は次の段階として,都市の樹木を守るための課題や方策について現状や到達点を,生理,侵入害虫,土壌,管理の面から 4 名の方にお話しいただき,どうすれば都市の樹木と私たちが共に生きることができるのかを考えていきたいと思います.

2. 日時

 2024年11月16日(土)14:00~17:00

3. 会場

 東京大学農学部1号館第8講義室 キャンパスマップ[外部リンク]
  東京都文京区弥生 1-1-1(東京メトロ南北線「東大前」隣接) アクセスマップ[外部リンク]

4. オンラインでの視聴

 本講演会は,web 会議システム(Zoom)により,オンラインでも視聴できます.詳細については大会ウェブサイトをご覧ください.

5. プログラム

 コーディネーター:山田利博(東京大学)
 
 1) 光合成機能からみた都市樹木のストレス耐性―京都市におけるケーススタディ-
半場 祐子氏(京都工芸繊維大学)
 2)軟らかい土と吸える水が都市樹木を守る:レジェンド達の結論
川九 邦雄氏(植栽基盤アナリスト)
 3)都市樹木の変遷と樹木管理の現状―馬場大門欅並木の事例―
宮治 悠介氏((特非)自然への奉仕者・樹木医協力会)
 4) 都市樹木をむしばむ脅威―外来種サビイロクワカミキリ―
安齋由香理氏((有)さくら造園緑地)

6. CPD制度の認定プログラム

 本講演会は,樹木医CPD認定プログラムに申請します.CPD会員に登録されている樹木医の方は,参加申込みの際に樹木医登録番号をご記入ください.また,他のCPD制度の認定プログラムについても,確定次第大会ウェブサイトでご案内しますので,今しばらくお待ちください.

«大会案内のページに戻る

地平線に並ぶ樹木